へら鮒天国TOP > 野釣り場 > 千代田湖 > 釣果情報

2006.10.27

早川 浩雄アドバイザー 千代田湖にて

25.2kg(55枚) 北斗へら鮒会例会 第7位

釣行場所 千代田湖   針原ロープ中央より約8m位部落寄り
釣行日時 2006年10月27日(金)   6:00〜16:00
天候 小雨のち晴れ
混雑度 参加36名他 千和側は4〜5名
釣行理由 北斗へら鮒会例会
釣果 25.2kg(55枚)
成績 第7位
釣り方 16尺底釣り両ダンゴ
仕掛け 竿16尺 道糸0.8号(ザイトへら) ハリス上下0.4号(ザイトへらハリスフロロ) ハリ上下5号(セッサ) ウキ一志底釣り2000 16番 ボディ16cm パイプトップ

エサ

1.「ダンゴの底釣り夏」100cc+「ペレ底」100cc+水100cc
2.「ダンゴの底釣り夏」50cc+「ダンゴの底釣り冬」50cc+「ペレ底」100cc+水120cc

※1.はエサの打ち始めや、釣りをしていてウキの動きが悪くなった時に打ち、2.は自分の釣っているタナにへらが寄っている時に使用。2.のエサを使用する時は、ピンポン球位小分けにし、手水を打ち指の甲で4〜5回押し練りをして使用。底釣りを選んだ理由は、千和側は宙釣りよりも底釣りの方が釣果が安定しているという船宿の主人の話であったため、底釣りを選んだ。

釣り方の注意点 朝は冷え込みもなく良かったが、釣りを始める頃より冷えてきて小雨が降り出し、より冷え込みが強くなったためか、アタリの出方が遅くなった。その時にアタリをほしがりバラケ性の良いエサを打ってしまうと、へらをウワズリ気味にしてしまうので、底釣りをしているのだという事を自分に言い聞かせて、アセらずにアタリをほしがらない事が必要である。
釣り場情報 優勝者は堰堤ロープで11尺チョーチン両ダンゴで48枚で48.8kg。ほとんどが旧べらであり型が良かったとの事である。2位も同じ堰堤ロープで19尺の底釣りで39.8kg両ダンゴ。こちらは放流べらばかりで約140枚とのことである。3位は二本松ロープで11尺チョーチン両ダンゴで34.2kg。上位者は全員大沼側から出た。千和側のトップは新中央の宙釣りで27kg台であった。