へら鮒天国TOP > 野釣り場 > 千代田湖 > 釣果情報

2007.10.26

早川 浩雄アドバイザー 千代田湖にて

19.8kg(65枚) 北斗へら鮒会例会 第12位

釣行場所 千代田湖   針原ロープ対岸カーブミラーと止め舟の中間
釣行日時 2007年10月26日(金)   6:00〜15:30
天候 一日中雨と霧(北風〜北西の風)
混雑度 参加31名他数名
釣行理由 北斗へら鮒会例会
釣果 19.8kg(65枚)
成績 第12位
釣り方 18尺底釣り両ダンゴ
仕掛け 竿18尺 道糸0.8号(ザイトヘラ) ハリス上下0.4号(上30cm、下37cm ザイトヘラフロロ) ハリ上下6号(セッサ) ウキ一志底釣2006 6番ボディ17.5cmパイプトップ

エサ

上記の粉エサをボウルの内でよくかき混ぜ、水を加えたら素早く7〜8回かき混ぜ、2〜3分放置し、粉材が水を吸収したらダマがなくなるようにていねいにかきほぐし、ボウルの片側に寄せ、基エサにする。使用するときにはピンポン玉くらいを小分けにし、平らにし、指の甲で水を表面に打ち、さらに裏返し同じ作業をし、水を吸収したら押し練りを加えて使用。大きさはパチンコ玉位。

釣り方の注意点 今の千代田湖は今期放流された新べらを対象とした釣りが主体だが、新べらのわりに早いアタリでのヒット率が悪く、ハリスの倒れ込みや着底してすぐの1節ぐらいのいわゆる良いアタリは空振りが多く、必ず3節くらいナジミを入れて返してからのアタリでないと乗りが悪いので、あまり早いアタリには手を出さないようにして釣るのがキモである。
釣り場情報 優勝は堰堤ロープT字より右側で、19 尺底釣りで130枚41.6kg。エサは両ダンゴで「ペレ底」「ダンゴの底釣り夏」「ダンゴの底釣り冬」とのことである。2位も堰堤ロープ中央で12尺2 本のタナの宙釣りで78枚35.4kg。3位は大沼中央ロープで18尺チョーチン両ダンゴで105枚32.6kg。4位が新中央ロープ三角屋根の前で19 尺底釣り約80枚で25.8kg。5位は大沼第2ロープで19尺底釣りで80枚、エサは両ダンゴで25.6kg。今回はベスト10のうち7名が島裏方面から出た。