へら鮒天国TOP > 野釣り場 > 三島湖 > 釣果情報

2017.04.16

稲村 順一フィールドテスター 三島湖にて

15.3kg(42枚)※正味、21〜30cmの放流べら主体 川口市釣連春季大会(兼 日研川口真菰支部月例会) 第1位

釣行場所 三島湖    三ツ沢岩盤ロープ 三ツ沢入口から2本目の振れ止めロープ(ともゑ釣舟店)
釣行日時 2017年04月16日(日)   6:00〜14:00
天候 晴れ(最低気温13℃/最高気温24℃)※南東の微風
混雑度 同ロープに30名ほどと大混雑
釣行理由 川口市釣連春季大会(兼 日研川口真菰支部月例会)
釣果 15.3kg(42枚)※正味、21〜30cmの放流べら主体
成績 第1位
釣り方 21尺チョーチンバラケにグルテンのセット
仕掛け 竿21尺(飛天弓 閃光X) 道糸1号(極弦へら道糸) ハリス上0.5号、下0.4号(上15〜25cm、下50〜60cm 極弦へらハリス) ハリ上8号(Sasori HARD)、下5→4号(Sasori HARD) ウキ「クルージャン スタンダードタイプSTRIDEIII CHO」No.7 (ボディ15.5cm/オモリ負荷量≒2.5g)※エサ落ち目盛りは11目盛り中8目盛り出し

エサ

[バラケ]「バラケマッハ」400cc+「凄麩」400cc+水200cc(約5分放置後)+「粘麩」50〜100cc
[くわせ]「グルテン四季」25cc+「凄グル」25cc+水50cc

[バラケ]乾燥を防ぐために若干手水を加えた以外は手を加えず、ほぼ基エサのまま打ち切る。エサ付けサイズは直径15〜20mmを状況に応じて打ち分ける。[くわせ]小分けして10回程度押し練りをし、エサ持ちを強化。エサ付けサイズは直径8〜10mmを状況に応じて打ち分ける。

釣り方の注意点 釣れているポイントが極端に狭く、本湖方面では三ツ沢岩盤ロープのみという状況のため当日は大混雑。例会以外の方も含めて譲り合いながら、通常では考えられないくらいボート間隔を狭めて舟付けしたが、それでも魚影が濃いため早い人はエサ打ちから2〜3投で釣れ始まった。午前10時頃まではナジミ際の早いアタリからウキの戻し際のアタリまでヒットチャンスは豊富にあったが、空振り直後に上っ調子になる傾向が見られたので、比較的型が良くヒット率も高いウキの戻し際のアタリをメインに狙った。ウキの動きが極端に少なくなった後半戦は上ハリスを詰め、下ハリスを伸ばし、さらにハリをサイズダウンさせての拾い釣りに徹した。また当日はナジミが浅いとアタリが出にくく、出たとしても空振りが目立ったため、途中で触らせすぎないようバラケを丁寧に付けてトップの先端1〜2目盛り残しまでナジませ、その直後から1〜2目盛り戻す間のアタリに狙いを絞った。途中アタリがなくなったのは、おそらくタナが下がったためだと思われるが、ナジんだウキが全く動かないときは次投以降ややエサ付けを甘くするとともに、数投エサを早切りして意図的にタナを上げるようにした。わずかでも気配が見られたときは再びバラケを締めてタナで踏ん張らせるようにしたことで、終盤までかろうじてアタリを維持することができた。
釣り場情報 現在の水位は満水からマイナス30cmほどで、さらに田んぼに引水するため水を落とす予定。当日は穏やかで気温も上昇したが乗っ込み気配はほとんどなく、浅場の底釣りの好ポイントも壊滅状態。ただし上流部でも、やや水深のある底釣りはまずまずの釣果が出ているので、春らしい釣りができるようになるまで間もないと思われる。釣れている三ツ沢岩盤ロープも24〜25尺の方は終日アタリが途切れることなく絞っていたが、規定により21尺までの我々例会組はタナが下がった後半はアタリが途切れがちであった。なお例会成績は第2位が私の左側2人目、21尺チョーチン(タナいっぱい)バラケにグルテンのセットで14.7kg。第3位は夫婦橋下、18尺底釣り(タナいっぱい)で14.3kg。その他上位はすべて三ツ沢岩盤ロープ。