へら鮒天国TOP > 野釣り場 > 戸面原ダム > 釣果情報

2007.04.01

早川 浩雄アドバイザー 戸面原ダムにて

24.5kg(79枚) 戸面原ダム愛好会チームファルコン例会  第9位

釣行場所 戸面原ダム   上郷ポンプ小屋沖立ち木
釣行日時 2007年04月01日(日)   6:00〜16:00
天候 晴れ(一日中南西の強風)
混雑度 参加31名他40名位
釣行理由 戸面原ダム愛好会チームファルコン例会
釣果 24.5kg(79枚)
成績 第9位
釣り方 14尺底バラケにグルテンのセット
仕掛け 竿14尺 道糸0.8号(ザイトへら) ハリス上下0.3号(上30cm、下36cm ザイトへらフロロ) ハリ上下4号(セッサ) ウキ一志底釣り2000 15番 ボディ15cm パイプトップ

エサ

[バラケ]「ペレ底」100cc+「ダンゴの底釣り夏」100cc+「ダンゴの底釣り冬」50cc+「粒戦」50cc+水150cc [くわせ]「グルテンα21」20cc+「本グル」20cc+水60cc

前日の試釣で上郷方面で釣りをしたが、へらの型が小さく、両ダンゴの地合にならず、セット釣りのほうがペースがよかったので今月はセット釣りをした。使い方は上記のブレンドで基エサを作り、小出し(玉子位)にし、手水を加え押し練りを繰り返し、タッチは耳たぶくらいに仕上げ使用。大きさはパチンコ玉位。くわせのグルテンは水を吸収したら軽くかきほぐしボウルヘチに寄せ、大豆位の大きさで使用。

釣り方の注意点 朝のうちは普通に底釣りをしていればよいのだが、日中になると水温が上がり、それと同時にへらもかなりウワズるので、バラケの調整に注意が必要で、あまりネバリでへらを抑えるとエサが底に着くと反応がなくなってしまうので、ネバリより硬さで調整し、必ず3節位ナジミを出し、1〜2節返してからのアタリを取るようにした。あまりにも風が強く、へらがいた割には釣りきれなかった1日であった。
釣り場情報 優勝は川筋の竹薮中央で、16尺のバラケにグルテンのセット釣りで100枚で39.2kg。2位はトンネルワンド流れ込み左側の中央で15尺セットの底釣りで118枚39.1kg。3位は宇藤木ポンプ小屋先左側小ワンドで14尺の底釣りでバラケにグルテンのセットで118 枚で34.0kg。4位はトンネルワンド道跡で16尺のセットの底釣りで85枚で30.7kg。5位は杉林の長いほうの竹柵で18尺チョーチンバラケにグルテンの宙釣りで68枚で27.0kg。13位までが20kgオーバーとよく釣れた例会であった。