へら鮒天国TOP > 野釣り場 > 戸面原ダム > 釣果情報

2007.03.04

早川 浩雄アドバイザー 戸面原ダムにて

28.5kg(77枚) 戸面原ダム愛好会チームファルコン 第2位

釣行場所 戸面原ダム   寮下竹柵1番手前
釣行日時 2007年03月04日(日)   6:00〜16:00
天候 晴れ(北のち南の風)
混雑度 参加30名他に約50名くらい
釣行理由 戸面原ダム愛好会チームファルコン
釣果 28.5kg(77枚)
成績 第2位
釣り方 18尺底両ダンゴ
仕掛け 竿18尺 道糸0.8号(ザイトへら) ハリス上下0.3号(ザイトへらフロロ) ハリ上下4号(セッサ) ウキ一志底釣り2005 6番ボディ17.5cm パイプトップ

エサ

「真底」150cc+「ダンゴの底釣り冬」50cc+水100cc

今現在の戸面原ダムは、14尺から18尺位の底釣りが、釣果が安定しているとのオーナーの話であったので、時期的にちょっと早いと思われたが、新発売の「真底」を使用してみたかったので使用したところ非常によかった。使い方は上記のブレンドで基エサにし、ピンポン玉くらいに小分けしてボウルに平たくし、その上に手水を加え、裏返しにしさらに手水を加えて1分くらいしてから押し練りをし、タッチは耳たぶくらいに仕上げて使用。エサにネバリが出たときには基エサを同量加え軽く押し練りをして使用。あくまでもネバの中にボソタッチを残すこと。

釣り方の注意点 両ダンゴの釣りといっても、盛期と違い必ず3節くらいはナジミを入れ、1〜1.5節くらい返してからの鋭いチクアタリに的を絞り、ハリスの倒れ込みのアタリやナジんだままのアタリは見送った。私は10時頃から釣れ出したが、逆にセット釣りの人たちは特に午後からはへらのウワズリにより苦労したようである。今回はアタリの取り方に注意が必要であった。
釣り場情報 優勝は上郷ポンプ小屋沖立木で15尺のバラケにグルテンのセットの底釣りで32.0kg。2位は私で、3位はトンネルワンド道跡で18尺でバラケにグルテンの底釣りで25.2kg。4位は同じトンネルワンドの流れ込み左側で19尺のバラケにグルテンのセットの底釣りで21.2kg。5位は上郷立木で16尺のバラケにグルテンの底釣りで19.4kg。15位でも10kgとよく釣れた例会であった。