へら鮒天国TOP > 野釣り場 > 三名湖 > 釣果情報

2017.11.12

間庭 隆モニター 三名湖にて

18.2kg(32枚) 三名湖愛好会 第1位

釣行場所 三名湖   大出張桟橋 網中 中央本湖向き
釣行日時 2017年11月12日(日)   7:00〜15:00
天候 晴れ
混雑度 80人(網中)
釣行理由 三名湖愛好会
釣果 18.2kg(32枚)
成績 第1位
釣り方 18→22尺チョーチンバラケに「わたグル」のセット
仕掛け 竿18→22尺 道糸1号(へら名人イエロー) ハリス上0.8号、下0.4号(上12cm、下65cm へら名人 詳) ハリ上10号、下5号(関スレ) ウキ田村作 「優陽」(ボディ12cmPCトップ足長)

エサ

[バラケ]「サナギパワー」200cc+「粒戦」100cc+「粘麩」200cc+水300cc(ドロドロにして水分を全体に行き渡らせ、しばらく放置後)+「セットアップ」200cc+「セット専用バラケ」300cc(30回ほどよくかき混ぜる)
[くわせ]「わたグル」100cc+水120cc

釣り方の注意点 打ち始めのバラケエサはまとまりの意味で「粘麩」100ccを入れて作り、軟らかい方向に手直しをしていった。するとバラケへの反応大きくなりすぎて、食いアタリが出ないかカラツンばかり。「粘麩」を200嫺れて粉のうちによく混ぜ合わせ、水を入れたときにサラッと混ぜてオブラートのように包み、バラケを拡散しないものが、くわせエサをよく食ってくれた。
釣り場情報 11月10日に新べらの放流が網中に1.2tありモジリが多かった。18尺を出して両ダンゴを試すも、ウキへの反能が食いアタリにならない弱いものばかり。2時間を目安に上からの反応がほしくて、竿22尺バラケにグルテンのセット釣りに変更する。まだ新べらばかり釣れる状態ではなく旧べらも多く、くわせエサのハリスも長くするとカラツンが多かった。「力玉」も試すが、くわせエサはバラけるものに興味を示していた。