へら鮒天国TOP > 野釣り場 > 田貫湖 > 釣果情報

2017.12.18

高原 良貴モニター 田貫湖にて

18枚 プライベート 

釣行場所 田貫湖   への字
釣行日時 2017年12月18日(月)   8:30〜15:15
天候 曇りのち晴れ
混雑度 同所に7人
釣行理由 プライベート
釣果 18枚
成績
釣り方 18尺宙釣り(タナ2本)バラケに「力玉」のセット
仕掛け 竿18尺 道糸0.8号 ハリス上0.6号、下0.5号(上8cm、下55cm) ハリ上7号(バラサ)、下5号(タクマ) ウキ光作(ボディ7cmパイプトップ足長)

エサ

[バラケ]「粒戦」100cc+「とろスイミー」100cc+水200cc(約5分放置後)+「セットガン」100cc+「セット専用バラケ」100cc+「GTS」100cc+「バラケマッハ」100cc
[くわせ]「力玉大粒
(「さなぎ粉」漬け)

[バラケ]基エサを小分けして手もみを加え、50円玉ぐらいの大きさでていねいにハリ付けして、ウキをしっかりナジませる。ウキの戻りが悪くなったら手水を打ち、基エサを合体させる。

釣り方の注意点 くわせエサを付けてウキのパイプトップ(1.2mm)4目盛り出しを、3目盛りくらいナジませる。ナジミきってから2目盛りぐらい、ウキが戻る間のアタリを狙って釣っていきました。特に午後からはバラケエサがナジみ、その後にくわせエサがナジむ間(上ハリスが張り切る間)のみしか反応しなくなったので、サワリがなければナジみきったら待たずに手返ししました。
釣り場情報 連日の冷え込みで水温が下がって湖水の透明度が上がり、長竿(18尺以上)のほうがアタリをもらえることが多くなりました。底近くに魚がいるようで、宙釣りならタナ2本前後、もしくは底釣りが良いと思います。釣れだしも遅くなり、10時過ぎから釣れることが多いです。ただし、時間に余裕があれば15時過ぎからは若干短い竿の底釣りが良いかもしれません。朝夕は寒いので、防寒対策を万全でお出かけください。