へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 野田幸手園 > 釣果情報

2018.02.03

早川 浩雄アドバイザー 野田幸手園にて

12.6kg(18枚) マスターズクラブ例会 第10位(参加26名)

釣行場所 野田幸手園   竹桟橋入口より16席目東向き
釣行日時 2018年02月03日(土)   6:30〜15:00
天候 晴れ(北西の微風)
混雑度 他約100人
釣行理由 マスターズクラブ例会
釣果 12.6kg(18枚)
成績 第10位(参加26名)
釣り方 10尺チョーチンバラケにウドンのセット
仕掛け 竿10尺 道糸1号(白の道糸) ハリス上0.8号、下0.35号(上10cm、下55cm ザイトサバキ) ハリ上8号(バラサ)、下3号(軽玉鈎) ウキくし玉 プロトタイプ(ボディ7cmPCトップ足長)

エサ

[バラケ]「バラケマッハ」200cc+「セット専用バラケ」200cc+水100cc
[くわせ]「魚信」30g+水72g

[バラケ]別に「粒戦」150cc+水150ccを作り、上記と合体。かなり軟らかく、まとまりが悪いので「セットアップ」100ccで調整。[くわせ]電子レンジで最初に1分+30秒+30秒+30秒で仕上げてラップに6等分し、ポンプで使用。

釣り方の注意点 1月22日の雪以来、水温が下がり、抜きチョーチンが比較的安定していたことと、前日の雪でチョーチン釣りを選択した。くわせにポンプウドンを使用したのは、状況により大きさを絞り方で変えられる利点から。
釣り場情報 第1位はアカシア桟橋入口より4席目東向き、20尺底釣り両グルテンで30kg(39枚)。アタリが出るまではバラケを打ったが、釣れ始めてからは「グルテン四季」と「グルテンα21」を1:1にしたもので釣ったとのこと。第2位はさくら桟橋突端西向き、19尺両グルテンで23.8kg(24枚)。第3位は竹桟橋突端より1本目のポール先、10尺チョーチンバラケに「感嘆」のセットで20.8kg(37枚)。第4位も竹桟橋先端東向き、19.5尺底釣り両グルテンで19kg(40枚)。第5位はアカシア桟橋入口より1席目、9尺段差の底釣りで17.6kg(24枚)。くわせは「力玉(「さなぎ粉」漬け)」。