へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 隼人大池 > 釣果情報

2018.03.31

染谷 剛フィールドスタッフ 隼人大池にて

7.75kg(8枚) マルキユーM-1CUP予選 ブロック第1位(ブロック11名、準決勝進出)

釣行場所 隼人大池   旧池38番
釣行日時 2018年03月31日(土)   7:15〜14:30
天候 晴れ
混雑度 90%
釣行理由 マルキユーM-1CUP予選
釣果 7.75kg(8枚)
成績 ブロック第1位(ブロック11名、準決勝進出)
釣り方 11尺段差の底釣り(下バリ6cmズラシ)バラケに「感嘆」のセット
仕掛け 竿11尺 道糸0.6号(スーパープロフロロ) ハリス上0.4号、下0.35号(上20cm スーパープロプラス、下50cm スーパープロフロロ) ハリ上5号(バラサ)、下4号(タクマ) ウキ旭舟 「技」6番(ボディ14cmパイプトップ)

エサ

[バラケ]「粒戦」50cc+「とろスイミー」50cc+「粘麩」50cc+「へらスイミー」100cc+水200cc+「段底」200cc+「セット専用バラケ」100cc
[くわせ]「感嘆」10cc+水10cc

釣り方の注意点 1月、2月と所属会の例会でつらい目に遭っていた。大勢の人数を入れれば貧果は間違いないと考えていた。じっくり腰を据えて釣ろうと5〜10分、待ちのペースで釣っていった。前半戦(3時間15分)で3枚釣った。そのときのズラシ幅は2cm。後半戦は、1時間過ぎにウキのトップが3目盛りナジんでいるときにアタって釣れたので、「もしかしてズラしたほうがヒット率が上がるかも」とトンボをトップの根元までズラした。すると前半戦はスレが多かったのに、半目盛りが「ズル」というアタリで、残り2時間半で4枚追釣した。軽いハリに軽いくわせエサで、魚のアオリで大きくズラして舞い上がったくわせエサを、逆立ちしているへらが吸い込むイメージ。
釣り場情報