へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波流源湖 > 釣果情報

2018.05.12

稲村 順一フィールドテスター 筑波流源湖にて

35.6kg(46枚、正味) トレンディクラブ5月例会 第4位

釣行場所 筑波流源湖   北桟橋中央北向き
釣行日時 2018年05月12日(土)   6:00〜15:00
天候 雨(最低気温15℃最高気温24℃)※南西のち南東の微風でおだやかな日並
混雑度 50%
釣行理由 トレンディクラブ5月例会
釣果 35.6kg(46枚、正味)
成績 第4位
釣り方 9尺宙釣り(タナ1〜1.2m)両ダンゴ
仕掛け 竿9尺(飛天弓 皆空) 道糸1号(クルージャン極弦へら道糸) ハリス上下0.5号(上30cm、下40cmクルージャン極弦へらハリス) ハリ上下6号(Sasori HARD) ウキ「クルージャン スタンダードタイプSTRIDE記記祇ダナ用ASA」No.6(ボディ6cm/オモリ負荷量≒0.8g)※エサ落ち目盛りは8目盛り中6目盛り出し

エサ

「ペレ軽」400cc+「カルネバ」200cc+水200cc(大きくかき混ぜて全体に水分を行き渡らせてから)+「浅ダナ一本」200cc

同じタッチのエサでは、まともにアタリが出なかったので、基エサで寄せておき、気配が出てきたら練ったヤワネバタッチのエサで、食わせる組み立てに好感触。

釣り方の注意点 長竿で沖目狙いのペレ宙釣りで、大型が食っているとの情報から、スタート時は19尺での強めの釣りを試みたが、思うようにアタリを出すことが出来なかった。周囲も同じような釣況のなか、セット釣りに切り替える会員が多かったが、19尺の段階で軟らかめの両ダンゴであれば、何とかアタリは出せるという感触が得られたので、開始2時間で9尺に変更。以降はボソッ気のある基エサで、寄せと刺激を繰り返しながら、時折手水と押し練りで極ヤワタッチに調整したものをラフ付けし、ナジミ際の早いタイミングで、瞬間的に飛びつかせるようなイメージで、釣りを組み立てた。当然ながら釣れたり釣れなかったりのムラが激しく、30分まったくの不釣という時間帯があったかと思えば、7〜8枚一気に釣り込むといった時間帯もあり、常にへら鮒の寄りをキープしつつ、反応を引き出すための調整に苦労したが、釣れてくるへら鮒の型が良かったため、両ダンゴの難しさと面白さを十分に味わえた例会であった。
釣り場情報 当日はやや食い渋ってしまったが、日並が良ければ活発にダンゴエサを追っている。また底釣りも深宙釣りもよく釣れており、釣り方の選択はお好み次第といったところ。なお例会成績は第1位が43.2kg北桟橋西側入口付近で、10尺宙釣り(タナ1m)バラケに「感嘆」のセット、第2位が38.2kg私の右5席目で、11尺宙釣り(タナ1m)バラケに「感嘆」のセット、第3位が36.8kg私の右3席目で、8尺チョーチンバラケに「ヒゲトロ」のセット。いずれも風向きを考慮して北向きの釣り座での釣果であった。