へら鮒天国TOP > 野釣り場 > 三島湖 > 釣果情報

2018.06.02

早川 浩雄アドバイザー 三島湖にて

17.6kg(29枚) マスターズクラブ例会 第3位

釣行場所 三島湖   鳥小屋突端岸着け
釣行日時 2018年06月02日(土)   5:00〜16:00
天候 晴れ(北〜南の風)
混雑度 参加24人(他約15人)
釣行理由 マスターズクラブ例会
釣果 17.6kg(29枚)
成績 第3位
釣り方 11尺宙釣り(タナ1m)両ダンゴ
仕掛け 竿11尺 道糸1号(白の道糸) ハリス上下0.5号(上35cm、下43cmサバキ) ハリ上下5号(バラサ) ウキ一志「パイプスラント」3番(ボディ5cmパイプトップ足長)

エサ

「ガッテン」200cc+「グルバラ」200cc+「パウダーベイトヘラ」100cc+水130cc

上記の配合で水を加えるとボソッ気が強いので、手水を1〜2回入れ、10回位かき混ぜしっとりネバボソに仕上げて使用。この分量は1時間位で使い切る量である。

釣り方の注意点 ウキのナジミ幅を4目盛位ナジむように指圧で調整し、サワリがない時はエサを振り切り、サワリが出たらエサを落とし込んでアタリを出すように心掛けた。今回の上位者は全員鳥小屋方面から出た。これも約9mの減水の影響かもしれない。
釣り場情報 第1位は鳥小屋ロープ中央で10尺宙釣り(タナ1m)バラケに「力玉(「さなぎ粉」漬け)」のセットで27.6kg(39枚)。バラケは「粒戦」50cc+「とろスイミー」50cc+「セットガン」100cc+水200cc+「GTS」100cc+「セット専用バラケ」100cc+「バラケマッハ」100cc。しっとりボソなので20回位かき混ぜたのを基エサとし、エサ付けは指圧で調整。くわせは「力玉(「さなぎ粉」漬け)」。第2位も鳥小屋ロープポンプ際で9尺浅ダナ(タナ40cm)バラケに「感嘆(「さなぎ粉」入り)」のセットで19.8kg(24枚)。第3位は私で、第4位は私の隣の鳥小屋突端岸着けで11尺宙釣り(タナ1.5本)バラケに「力玉(「さなぎ粉」漬け)」のセットで17.4kg(27枚)。第5位は対岸の1本松立木で13尺底釣りで17.4kg(37枚)。