へら鮒天国TOP > 野釣り場 > 三名湖 > 釣果情報

2018.08.05

間庭 隆モニター 三名湖にて

24.2kg(45枚) 例会 第1位

釣行場所 三名湖   水門前桟橋1の入江側
釣行日時 2018年08月05日(日)   6:00〜15:00
天候 晴れ
混雑度 大土手桟橋ほぼ満席
釣行理由 例会
釣果 24.2kg(45枚)
成績 第1位
釣り方 16→20尺チョーチン両ダンゴ
仕掛け 竿16→20尺 道糸1.2号(へら名人イエロー) ハリス上下0.5号(上55cm、下75cm詳) ハリ上下7号(ヤラズ) ウキ田村作「優陽」(ボディ11cmPCトップ足長)

エサ

「天々」200cc+「バラケマッハ」300cc+「軽麸」200cc+「藻べら」200cc+「BBフラッシュ」100cc+「粘力」(スプーン山盛り)2杯+水200cc

粉のうちによく混ぜてから、水200ccを入れる。10回ほど全体サラッと混ぜ合わせ、水分を全体に行き渡らせてから、30回ほど粒子を潰さないように丁寧にかき混ぜる。この時にネバリが入ってしまうと、アタリは出るものの型が小さくなってしまう。またカラツンとスレが多くなるので気を付けたい。カラツンが出た時に新しい麩を足す場合は「軽麸」が良かったが、入れた状態で全体に練り込むのではなく、上にパラッと撒いて生麩と一緒に丸めるとボソが入り良く乗った。

釣り方の注意点 1週間前に2mほど減水していたが、台風の影響により、50cmほど回復し1.5mとなっていた。桟橋は隙間なく釣り人が入り、日曜日特有の食い渋りが予想されたので16尺から入るが、アタリがあるもののカラツンと小べらが多く、20尺に変更すると型も良くなり良い釣りができた。アタリの取り方はウキのナジミ途中での動きは、ほとんどがカラツンか小べらなのでジッと我慢し、トップの先端までしっかりとナジませて、戻してからのアタリを取っていくと、型も良く釣れ続いた。
釣り場情報