へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 野田幸手園 > 釣果情報

2018.12.01

早川 浩雄アドバイザー 野田幸手園にて

19kg(26枚) マスターズクラブ例会 第11位(参加31名)

釣行場所 野田幸手園   もみじ桟橋先端より2本ポール手前
釣行日時 2018年12月01日(土)   6:30〜15:00
天候 晴れ(北〜南〜北西風やや強い)
混雑度 約80人
釣行理由 マスターズクラブ例会
釣果 19kg(26枚)
成績 第11位(参加31名)
釣り方 10尺チョーチンバラケに「魚信」のセット
仕掛け 竿10尺 道糸1号(白の道糸) ハリス上0.8号、下0.6号(上8cm、下25〜35cm サバキ) ハリ上9号(バラサ)、下7号(リグル) ウキ一志「アドバンテージPC」(ボディ9cmパイプトップ足長)

エサ

[バラケ]「バラケマッハ」1000cc+水200cc+「BBフラッシュ」200cc
[くわせ]「魚信」35g+水91g

[バラケ]「バラケマッハ」5に対し、水1で手早くかき混ぜ3分放置。その後15回練り込み、手水で戻し「BBフラッシュ」を加え、しっとりボソに仕上げて使用。

釣り方の注意点 バラケエサをラフ付けにすると、バラケが早くへら鮒をウワズらせる結果になり、スレが多くなるので注意。特にエサの打ち始めは、アタリを欲しがらずに丁寧にハリ付けして、タナを作るように心掛けた。しかし、土日とも混雑のためアタリが少なく、苦労した1日であった。
釣り場情報 第1位は竹桟橋奥より2本目のポール手前4席目、竿10尺チョーチンウドンセットで25.8kg(36枚)。バラケエサは「バラケマッハ」600cc+「ペレ軽」200cc+「ペレ道」100cc+水200cc+「BBフラッシュ」200ccでしめたしっとりボソタッチ。第2位はさくら桟橋北向き突端、竿18尺底釣り両グルテンで25.8kg(28枚)。第3位はアカシア桟橋入口より4席目、竿20尺底釣り両グルテンで25.6kg(32枚)。第4位はもみじ桟橋北向き突端、竿21尺底釣り両グルテンで24.2kg(29枚)。第5位はアカシア桟橋禁止ロープより6席目、21尺宙釣り(タナ2本)両グルテンで22.2kg(27枚)。