へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 野田幸手園 > 釣果情報

2009.02.07

早川 浩雄アドバイザー 野田幸手園にて

6kg(10枚) マスターズクラブ例会 第28位

釣行場所 野田幸手園   竹桟橋先端から15席目
釣行日時 2009年02月07日(土)   6:30〜15:30
天候 晴れ(10時頃より南東の風)
混雑度 参加36名(他 約150人)
釣行理由 マスターズクラブ例会
釣果 6kg(10枚)
成績 第28位
釣り方 9尺1mバラケにウドンのセット
仕掛け 竿9尺 道糸0.7号(ザイトへら) ハリス上0.5号、下0.25号(上6cm、下40cm) ハリ上5号(バラサ)、下5号(タクマ) ウキ一志エキサイト2番ボディ4.5cmパイプトップ足長

エサ

[バラケ] 「粒戦細粒」30cc+「粒戦」70cc+水250cc(15分位放置後)+「セット専用バラケ」200cc+「GTS」200cc+「パワー・X」100cc(3分位放置後)+「バラケバインダー」100cc
[くわせ] 「特選わらび 彩」15cc+「魚信」分包1+水140cc

[バラケ] 「粒戦」に水を加えて15分位放置し、良く水を吸収させた後に「セット専用バラケ」「GTS」「パワー・X」を入れ、エサ全体を良くかき混ぜて3 分くらい放置する。全体がシットリしたら「バラケバインダー」を入れ、さらにかき混ぜてシットリボソの基エサを作り、使用する時には手水を打ってシットリネバボソにする。

釣り方の注意点 前日は強風の中でも良くアタリがあったが、当日は風もなく穏やかだったがへらのウワズリが激しく、ボソのエサでは落ち込みでサワリは出るが、ハリスが張ると何もアタらない状態。へらがいないのではないかと思われる状態であったので、ネバリを付けてドップリとウキをナジませる釣りが良かったようである。
釣り場情報 第 1位は松桟橋中央、10尺1.2mバラケにウドンのセットで23.8kg(42枚)。バラケはシットリネバで、5節出しのトップ先端1節残しまで深く入れ、そのままの状態でアタリを取った。バラけてトップが上がってくるタッチではスレやカラツンが多かったとのこと。第2位はもみじ桟橋中央東向き、15尺段差の底釣りで21.2kg(35枚)。第3位はアカシア桟橋突端西向き、19尺の両グルテンで20.2kg(35枚)。