へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 野田幸手園 > 釣果情報

2008.01.11

早川 浩雄アドバイザー 野田幸手園にて

23.6kg(40枚)  ゴールデン・クラブ例会  第3位

釣行場所 野田幸手園   アカシヤ桟橋中央よりやや手前
釣行日時 2008年01月11日(金)   6:30〜15:00
天候 晴れ
混雑度 参加46名 他約50名位
釣行理由 ゴールデン・クラブ例会
釣果 23.6kg(40枚)
成績 第3位
釣り方 10尺1mバラケにウドンのセット
仕掛け 竿10尺 道糸0.7号(ザイトへら) ハリス上0.5号、下0.3号(上5cm、下35cm ザイトへらフロロ) ハリ上5号(バラサ)、下4号(タクマ) ウキ一志トップウォーターカイ4番ボディ6cmパイプトップ

エサ

[バラケ]「粒戦」100cc+水200cc+「ガッテン」400cc+「セット専用バラケ」200cc+「スーパーダンゴ」200cc [くわせ]「魚信」1分包+水90cc

今の時期はあまり上層からバラケを開かすとタナボケしてしまうので、自分が釣っているタナまではノーバラケでいき、タナに届いてからバラケ始めるイメージで作ったバラケ。使い方は基エサを小分けし、手水で戻し、押し練りを加えたあとに、いま作ったエサの1/4くらいの基エサを合体してネバボソに仕上げ、ていねいにハリ付けすること。

釣り方の注意点 いくら幸手園でも、いまの時期は1時間くらいエサを打たないとアタリが出ないが、幸手園というとすぐにアタリが出るイメージで、10分もエサを打ってアタリが出ないとバラケを開かせてアタリを欲しがるが、それが失敗の原因でへらをウワズラせ、よけいにアタリがない状態を作ってしまうので、朝はアタリを欲しがらず我慢することが大切である。
釣り場情報 優勝は竹桟橋中央よりやや奥で竿10尺1mバラケにウドンのセットで56枚32.6kg。2位はアカシヤ桟橋中央で竿8尺1mバラケにウドンのセットで54 枚28.8kg。3位は私で、4位も同じアカシヤ桟橋奥で竿8尺1mバラケにウドンのセットで38枚23.2kg。5位は竹桟橋中央よりやや手前で竿10 尺チョーチンバラケにウドンのセットで38枚23.2kg。池全体ではサワリがあるが、なかなか食いアタリを出さず、苦戦をしていたが、釣れると型がよかったのでキロ数は出た。