へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 道満河岸つり場 > 釣果情報

2009.12.13

稲村 順一フィールドテスター 道満河岸つり場にて

7枚(8寸〜尺級) 伊田釣具店懇親会 

釣行場所 道満河岸つり場   東岸南竹薮前桟橋
釣行日時 2009年12月13日(日)   7:00〜13:00
天候 晴れのち曇り(最低気温7度/最高気温14度 北寄りの風やや強し)
混雑度 全体80%(周辺は満席)
釣行理由 伊田釣具店懇親会
釣果 7枚(8寸〜尺級)
成績
釣り方 12尺2寸タナ60cm〜1mバラケにウドンのセット
仕掛け 竿12尺2寸(夢坊「別作」) 道糸0.6号(極弦) ハリス上0.5号、下0.3号(上6cm、下30〜40cm 極弦) ハリ上6号(Sasori HARD)、下2号(Sasori BITE) ウキブルーウイング「CRUCIAN(クルージャン)」SR-1No.6.0

エサ

[バラケ] 「粒戦」50cc+水200cc(吸水のため約5分放置)+「プログラム」200cc+「セット専用バラケ」200cc+「パウダーベイトスーパーセット」200cc+「冬のバラケ」200cc
[くわせ] 「魚信」1分包+水80cc

[バラケ] 約半分を別ボウルに取り分け、手水と撹拌で中硬程度のネバボソに調整。ウキの動きが悪くなったときは「スーパーダンゴ」を適宜加えて食い気を刺激。 [くわせ] 煮て固まってから3分練り込んで直径6〜7mmに搾り出したものを長さ8〜10cmにカットし「特船わらび職人」20ccを絡めて持参。

釣り方の注意点 ポイントの水深は2m弱。当日は北西風による流れが強く、流し過ぎると触りがまったくなくなるので、幅50〜60cmの範囲内で止めテンポ良く打ち返した。バラケは深ナジミばかりさせていると気配が少なかったので、甘めのバラケを2〜3投打ち込んだら、次は締めたネバボソバラケを小さめに付けて打ち込み、触りがあったら誘いを入れて待ち気味にしてアタリを引き出した。一日通してでは、バラケのタッチ・大きさをこまめに変えて、へらを飽きさせないようにするのがポイント。
釣り場情報 12月17日(木)に新べら2t追加放流あり。混雑時においては、底釣りは13尺以上(できれば18尺)で両グルテン、浅ダナもやや長めの方がアタリ多し。