へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 谷和原大沼 > 釣果情報

2010.01.05

早川 浩雄アドバイザー 谷和原大沼にて

9.6kg(14枚) 愛好会例会 第15位

釣行場所 谷和原大沼   中央桟橋南向き奥5席目
釣行日時 2010年01月05日(火)   7:00〜15:30
天候 晴れ(北西の強風)
混雑度 参加23人(他3人)
釣行理由 愛好会例会
釣果 9.6kg(14枚)
成績 第15位
釣り方 10尺段差の底釣り
仕掛け 竿10尺 道糸0.8号(ザイトへら) ハリス上0.4号、下0.35号(上15cm、下45cm ザイトへら) ハリ上6号(バラサ)、下3号(セッサ) ウキ一志底釣り2000 14番ボディ14cmパイプトップノーマル

エサ

[バラケ] 「粒戦」100cc+「とろスイミー」50cc+「パワー・X」100cc+水250cc(手早くかき混ぜて15分位放置後)+「段底」400cc+「プログラム」200cc(軽くかき混ぜて3分位放置)
[くわせ] 「魚信」分包1+水80cc

[バラケ]「粒戦」「とろスイミー」「パワー・X」に水を加えたら手早くかき混ぜ、15分位放置後「段底」「プログラム」を加え、軽くかき混ぜて3分位放置する。麩が水を吸収した後、再びかき混ぜ基エサとする。使うときはひと握り小分けし、20回ボウルにすり付けるように練り、人差し指の頭位の大きさで使用する。ネバリが出たときの手直しは、手水を打って基エサと合体させる。

釣り方の注意点 風が強く、流れも強かったので、しっかり締めたバラケで、できるだけ流されないように注意する必要があった。流れがあるときには、段差の底釣りは不利だが、ノーマルの底釣りではサワリすら出なかった。当日は、できるだけ風と流れを避けられる場所に入った人たちが上位に入った。
釣り場情報 第1位は中央桟橋入口から3席目南向き、8尺段差の底釣りで、バラケは「段底」200cc+「セット専用バラケ」200cc+水100ccで、くわせにはウドンを使って19.2kg(30枚)。第2位は中央桟橋北向き10席目、18尺1mバラケにウドンのセットで17.8kg(26枚)。第3位は中央桟橋南向き5席目、くわせにウドンを使った9尺段差の底釣りで15.4kg(25枚)。