へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 野田幸手園 > 釣果情報

2010.01.08

早川 浩雄アドバイザー 野田幸手園にて

25.8kg(39枚) ゴールデン・クラブ例会 第6位

釣行場所 野田幸手園   F桟橋東向き入口3席目
釣行日時 2010年01月08日(金)   6:30〜15:00
天候 晴れ(北西の風やや強い)
混雑度 参加44人(他約50人)
釣行理由 ゴールデン・クラブ例会
釣果 25.8kg(39枚)
成績 第6位
釣り方 8尺段差の底釣り(下バリ3〜5cmズラシ)
仕掛け 竿8尺 道糸0.8号(ザイトへら) ハリス上0.4号、下0.35号(上15cm、下45cm) ハリ上6号(バラサ)、下3号(セッサ) ウキ一志底釣り2000 14番ボディ14cmパイプトップノーマル

エサ

[バラケ] 「粒戦」100cc+水150cc(10分放置後)+「段底」200cc+「セット専用バラケ」200cc(指先に力を入れずに約30回かき混ぜる)
[くわせ] 「魚信」分包1+水80cc

[バラケ] 「粒戦」に水を加えて10分放置し、「段底」と「セット専用バラケ」を加え、指先に力を入れずに約30回かき混ぜ、しっとりボソに仕上げたものを基エサとする。使用するときには約3分の1を別ボウルに取り、手水を打ち、ボウルに擦りつけるように20回ぐらい練って使用。大きさは人差し指の頭ぐらい。手直しは、使用しているエサと同量の基エサと合体させてボソッ気を取り戻して使用。

釣り方の注意点 必ず深ナジミさせ、バラケが切れてからのアタリを取っていたが、風が強くなって対流が出て、バラケが切れると手前に流されてしまうので、軽く穂先を持ち上げ、バラケが切れたあたりにウドンを落とすようにしてアタリを出した。
釣り場情報 第1位はG桟橋先端から3席目、11尺底釣りバラケにグルテンのセット。バラケは「ダンゴの底釣り夏」1+「ダンゴの底釣り冬」1+「真底」1+「バラケマッハ」2+水2.3。グルテンは「グルテン四季」0.5+「いもグル」0.5+「本グル」1+水2.3で39.6kg(55枚)。第2位はA桟橋入口から13席目、8尺1mバラケにウドンのセットで31.2kg(59枚)。第3位はH桟橋先端から3席目、12尺底釣り両ダンゴで27.8kg(41枚)。第4位はB桟橋入口から2席目、8尺1mウドンセットで27.8kg(43枚)。第5位はA桟橋16席目、8尺1mセットで26.8kg(48枚)。