へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 谷和原大沼 > 釣果情報

2010.03.02

早川 浩雄アドバイザー 谷和原大沼にて

17.0kg(26枚) 愛好会例会 第2位

釣行場所 谷和原大沼   南桟橋右側入口3席目
釣行日時 2010年03月02日(火)   7:00〜15:30
天候 曇り(北東の強風)
混雑度 参加25人
釣行理由 愛好会例会
釣果 17.0kg(26枚)
成績 第2位
釣り方 15尺バランスの底釣り両ダンゴ→バラケにウドンのセット
仕掛け 竿15尺 道糸0.8号(ザイトへら) ハリス上下0.3号(上40cm、下48cm) ハリ上4号(セッサ)、下3号(セッサ) ウキ一志底釣り2000 15番ボディ15cmパイプトップノーマル

エサ

[両ダンゴ] 「ダンゴの底釣り夏」100cc+「ダンゴの底釣り冬」100cc+「ペレ道」100cc+水190cc

[セットのバラケ] 「ダンゴの底釣り夏」100cc+「ダンゴの底釣り冬」100cc+「ペレ道」100cc+「粒戦」50cc+「粒戦細粒」30cc+水250cc
(10分位放置後)+「バラケマッハ」100cc(手早くかき混ぜる)
[くわせ] 「魚信」分包1+水80cc

両ダンゴではアタリが出ず(2時間エサ打ちをしたが、スレアタリが2回程あったのみ)、かといって段底ではへらがウワズリ気味で難しかったのでノーマル底のセット釣りを選択した。バラケは水を加えたら10分位放置した後、「バラケマッハ」を加えて手早くかき混ぜ、基エサとして使用した。使用するときには別ボウルにひと握り取り、手水を打って10回くらい軽く練り、ヤワネバボソで使用した。

釣り方の注意点 上バリトントンのタナで4節ナジミで始めたが、へらが寄ってくると落ち込みでサワリやらスレアタリが出てナジミが浅くなるので、ナジむときのトップの動きをよく見てハリ付けに注意し、アタリを取るときにもバラケが切れてウドンだけになったときの力強いアタリを取るように注意した。
釣り場情報 第1位は中央桟橋南向き中央、9尺段底でバラケは「バラケマッハ」1+「セット専用バラケ」1+「底バラ」1+水1でくわせはウドンで17.8kg(30枚)。第2位は私。第3位は南桟橋右側入口から7席目、18尺底釣り両グルテンで16.4kg(25枚)。第4位は中央桟橋南向き3席目、9尺段底で15.4kg(28枚)。第5位は北桟橋入口から2席目で、8尺底釣り両ダンゴで15.0kg(23枚)。