へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波白水湖 > 釣果情報

2010.04.09

早川 浩雄アドバイザー 筑波白水湖にて

23.7kg(67枚) ゴールデン・クラブ例会 第3位

釣行場所 筑波白水湖   南中央桟橋先端4席目東向き
釣行日時 2010年04月09日(金)   6:00〜16:00
天候 曇り時々晴れ(北から南東の風)
混雑度 参加39人(他約35人)
釣行理由 ゴールデン・クラブ例会
釣果 23.7kg(67枚)
成績 第3位
釣り方 8尺カッツケ(タナ30〜40cm)バラケにウドンのセット
仕掛け 竿8尺 道糸0.7号(ザイトへら) ハリス上0.5号、下0.3号(上6cm、下30cm) ハリ上5号(バラサ)、下4号(タクマ) ウキ一志アスリート4番ボディ6cmパイプトップ足長

エサ

[バラケ] 「粒戦」100cc+「粒戦細粒」30cc+「パワー・X」200cc+水250cc(15分位放置後、かきほぐす)+「セット専用バラケ」200cc+「プログラム」200cc+「GTS」200cc(手早く全体をかき混ぜ3分位放置後)+水100cc(もどす)+「軽麩」200cc(しめる)
[くわせ] 「魚信」分包1+水85cc

[バラケ]上記の配合で基エサを作るときの注意点。「粒戦」「粒戦細粒」「パワー・X」を入れて水を加えたら、15分位放置して充分に水を吸収させる。表面が固まっているのでかきほぐし、「セット専用バラケ」「プログラム」「GTS」を入れたら手早く全体をかき混ぜ3分位放置。それから水100ccでもどし、「軽麩」でしめて基エサとするが、決して急いで作らないこと。急ぐとまったく別のタッチのエサになってしまう。

釣り方の注意点 エサの打ち出しはアタリを欲しがらずに深ナジミさせ、5〜6秒してからバラケが抜けるようにハリ付けに注意した。8時頃よりへらのアタリが活発になってからは、さらにバラケを10回位練り込み、エサの持ちをよくした。アタリを取るタイミングは、バラケが抜けてからの強いアタリか、誘いを1〜2回かけた後の力強いアタリを取った。2回誘いをかけてアタリがないときは打ち返した。
釣り場情報 第1位は東桟橋西向き中央で、8尺カッツケ(タナ30cm)バラケにウドンのセットで27kg(77枚)。第2位は南中央桟橋東向き先端から14席目で、8尺カッツケ(タナ60cm)バラケにウドンのセットで25.5kg(71枚)。第3位は私。第4位は南中央桟橋西向き先端から7席目で、8尺カッツケバラケにウドンのセットで22.5kg(58枚)。第5位は東桟橋東向き先端から5席目で、8尺チョーチンバラケにウドンのセットで21.3kg(60枚)。