へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 長者屋敷 > 釣果情報

2010.04.24

早川 浩雄アドバイザー 長者屋敷にて

 プライベート 

釣行場所 長者屋敷   22番
釣行日時 2010年04月24日(土)   10:00〜16:00
天候 晴れ時々曇り
混雑度 24人
釣行理由 プライベート
釣果
成績
釣り方 9尺1.2mバラケにウドンのセット、10尺段差の底釣り(下バリ3cmズラシ)
仕掛け 【浅ダナセット時】 竿9尺 道糸0.7号 ハリス上0.5号、下0.35号(上6cm、下45cm) ハリ上5号(バラサ)、下4号(タクマ) ウキ一志アスリート4番ボディ6cmパイプトップ足長
【段差の底釣り時】 竿10尺 道糸0.8号 ハリス上0.5号、下0.3号 ハリ上6号(バラサ)、下4号(セッサ) ウキ一志チョーチン用プロトタイプPC8番

エサ

【浅ダナセット時】
[バラケ] 「粒戦」100cc+「パワー・X」100cc+水200cc+「セット専用バラケ」200cc+「プログラム」200cc+「GTS」200cc+「軽麩」200cc

【段差の底釣り時】
[バラケ] 「粒戦」100cc+「粒戦細粒」30cc+水200cc+「段底」200cc+「セット専用バラケ」200cc+「鬼バラ」100cc

[くわせ] 「魚信」分包1+水80cc

[バラケ] 浅ダナ、段底ともに上記の配合で基エサを作り、使用するときには別ボウルに小分けする。手水で硬さを調整して使用するが、軟らかくなりすぎたりネバリが出たときには、同量の基エサと合体して調整する。

釣り方の注意点 浅ダナは最初1mのタナで打ち始め、1時間打って2枚だったが、落ち込みに反応するので70cmにしたところ反応が消えてしまった。逆に1.2mに深くしたらいい反応になってアタリも続き、コンスタントに釣れた。段底はエサ打ち開始から数投でアタリ出し、安定して釣れ続いた。池の周りが落葉樹のため、底に沈んでいる落ち葉でトップの返りが悪いときがあり、穂先を軽く持ち上げて対応するが、エサを置き直すとすぐにアタリが出るので注意が必要。
釣り場情報 現在は池のタナ規定は自由であるが、浅ダナを攻めるより段底で攻めた方が釣果は上がるようである。当日も7:00から14:00までやった先行者は、9尺段底で攻めて80枚の好釣果であった。エサはバラケにウドンのセット。