へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 神扇池 > 釣果情報

2010.05.02

稲村 順一フィールドテスター 神扇池にて

10.95kg(尺級主体で24枚) 伊田釣具店竹竿懇親釣会 第4位

釣行場所 神扇池   西桟橋内向き
釣行日時 2010年05月02日(日)   7:00〜14:00
天候 曇り(最低気温12度/最高気温24度 北東のち東の風 後半やや強し)
混雑度 釣り場全体で70%(周囲は満席)
釣行理由 伊田釣具店竹竿懇親釣会
釣果 10.95kg(尺級主体で24枚)
成績 第4位
釣り方 8.1尺チョーチンバラケにウドンのセット
仕掛け 竿8尺1寸(光司「澪」) 道糸0.8号(極弦) ハリス上0.5号、下0.3号(上6cm、下40〜15cm) ハリ上6号、下3号(SasoriHard) ウキCRUCIANSR-2No.7.5

エサ

[バラケ] 「粒戦」50cc+「とろスイミー」50cc+水200cc(約10分間放置)+「GTS」200cc+「セット専用バラケ」200cc+「プログラム」200cc+「パウダーベイトスーパーセット」200cc
[くわせ] 「魚信」1分包+水75cc
(レンジで作りラップに包んでポンプ出し)

[バラケ] 基エサを1/3ほど分け、押し練りでネバボソタッチに調整。

釣り方の注意点 比較的ウキが動いたのが浅ダナ(タナ1m以下)と短竿(8〜9尺)チョーチンのウドンセット釣り。私のポイントは流れが強く浅ダナでは釣りにならず、8尺のチョーチン釣りを選択。終日バラケのタッチを探りながらの釣りとなったが、硬めのネバボソタッチの大きめのバラケでトップを沈没気味にナジませ、タテ誘いで食い気を刺激した方が、カラツンは多いものの比較的良型が揃った。加えて食い渋りでもハリスは短めが良い感じ。
釣り場情報 当日は乗っ込み気味でへらが落ち着かず、あるところでは両ダンゴでバクバク、別のポイントではウドンセットでアタリも簡単には出ないというように偏りがみられたが、一段落つけば全体でまんべんなく釣れるものと予想される。へらのコンディションが良いときは宙釣りならば浅ダナ・深宙ともに両ダンゴ、アタリが単発になるようならウドンセットが無難。ポイントによっては底釣りも十分楽しめるが、こちらはペレット系両ダンゴがお勧め。風向きによっては釣り難くなるので、釣り座選定の際には注意されたい。