へら鮒天国TOP > 野釣り場 > 戸面原ダム > 釣果情報

2011.02.06

早川 浩雄アドバイザー 戸面原ダムにて

9.0kg(23枚) 戸面原ダム愛好会チームファルコン例会 第21位

釣行場所 戸面原ダム   寮下竹柵、10:30から梅の木台
釣行日時 2011年02月06日(日)   6:30〜15:30
天候 晴れ(北東後南西の強風)
混雑度 参加29人(他2人)
釣行理由 戸面原ダム愛好会チームファルコン例会
釣果 9.0kg(23枚)
成績 第21位
釣り方 24尺バランスの底釣り(上バリ3〜5cmズラシ)
仕掛け 竿24尺 道糸0.8号(サバキフロロ) ハリス上下0.35号(上40cm、下48cm サバキ) ハリ上4号、下3号(セッサ) ウキ一志 フリーフェザー17番ボディ17cmパイプトップ

エサ

[バラケ] 「粒戦」50cc+「ダンゴの底釣り夏」100cc+「ダンゴの底釣り冬」100cc+「ペレ底」100cc+水250cc+「バラケマッハ」100cc
[くわせ] 「グルテンα21」35cc+水50cc

[バラケ] 上記の配合で基エサを作り、使用するときは玉子ぐらいの大きさで、手水を打って押し練りを10回ぐらい加えて使用する。大きさはパチンコ玉ぐらいか、状況によりひと回り大きくする。 [くわせ] 大豆ぐらいの大きさで使用する。

釣り方の注意点 2月4日(金)に、3〜4枚1kgの新べらを約2トン放流。前日まで宙ではまったく釣れていなく、放流したへらが食ったわけでもなかったが、旧べらが刺激されてか急に食い出した。そのためか、落ち込みでサワるが、着底するとなかなか食いアタリに繋がらず、我慢の釣りを強いられた。早いアタリには手を出さず、エサ落ち目盛付近の力強いアタリに的を絞って、確実なアタリを取ること。
釣り場情報 優勝は梅の木台で、竿24尺、底釣り、バラケにグルテンのセットで24.2kg(68枚)。バラケは「ダンゴの底釣り夏」100cc+「ダンゴの底釣り冬」100cc+「ペレ道」100cc+「粒戦」30cc+水200cc+「バラケマッハ」100ccで締めたネバボソ。くわせは「強力グルテン」30cc+水35cc。第2位は前宇藤木ワンドクズレで、竿21尺、チョーチン、バラケにオカユのセットで23.5kg(90枚)。第3位は前宇藤木ワンド左側立木で、竿20尺、チョーチン、バラケにグルテンのセットで21kg(82枚)。第4位は向田ワンド入口右側立木で、竿22尺、底釣り、バラケにグルテンのセットで20.8kg(67枚)。第5位はキャンプ場奥で、竿21尺、チョーチン、バラケにグルテンのセットで18.5kg(65枚)。