へら鮒天国TOP > 野釣り場 > 原崎沼 > 釣果情報

2009.04.26

斉藤 忠義フィールドスタッフ 原崎沼にて

7.6kg(22枚) 飛びぬけ支部例会 第6位

釣行場所 原崎沼   
釣行日時 2009年04月26日(日)   6:00〜14:00
天候
混雑度 60人
釣行理由 飛びぬけ支部例会
釣果 7.6kg(22枚)
成績 第6位
釣り方 16尺宙釣りバラケに「感嘆」のセット
仕掛け 竿16尺 道糸0.8号 ハリス上下0.25号(上8cm、下60cm) ハリ上6号(グラン)、下4号(グルテン) ウキ水幸作ボディ16cmパイプトップ足長

エサ

[バラケ] 「バラケマッハ」2+「段差バラケ」2+「軽麩」1+「ダンゴの底釣り夏」0.5+水1
[くわせ] 「感嘆」1+水2

[バラケ] 全体をかき混ぜ、2〜3分放置したら少々手水を付けて調整する。アタリが出てカラツンが多くなったら、また手水を付けて「バラケバインダー」で少し占める。アタリが少なくなったら「軽麩」を振りかける。ここ2週間ほど低温が続き、魚の活性が低いと思ったので、いつもよりボソ気味のバラケの強いエサにした。しかしながら、活性は高く、少々エサをしめないと魚がウワズりカラツンが多かった。エサをトロロのセットにしたが、アタリが出なかったので元のエサに戻した。一日中アタリ続けたが、多くの釣果をあげることができなかった。原因としては、風が強くなって軟らかいエサを打つことができなかったことと、使用した竿が16尺と長過ぎたので11〜12尺で対応すべきだった。

釣り方の注意点 魚が多く集まってくるときは、釣り堀並みの竿とエサを使用するべきだった。
釣り場情報 気温の変化が激しく、山形地区の各釣り場は乗っ込みに入れず、魚が深場から上がってきていない。放流量の多い釣り場では浅いタナで釣れている。