へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 野田幸手園 > 釣果情報

2013.12.13

早川 浩雄アドバイザー 野田幸手園にて

46.8kg(78枚) ゴールデン・クラブ例会 第6位

釣行場所 野田幸手園   竹桟橋先端より16席目
釣行日時 2013年12月13日(金)   6:30〜15:00
天候 晴れ(北西のち南西の強風)
混雑度 参加31人(他約50人)
釣行理由 ゴールデン・クラブ例会
釣果 46.8kg(78枚)
成績 第6位
釣り方 8尺チョーチンバラケに「力玉」のセット
仕掛け 竿8尺 道糸0.8号(ザイトサバキフロロ) ハリス上0.5号)10cm ザイトフロロ)、下0.5号(45cm サバキ) ハリ上9号(バラサ)、下6号(玉鈎) ウキ一志 アドバンテージ9番ボディ9cmパイプトップ足長

エサ

[バラケ]「Sレッド」800cc+水200cc(約5分放置後、「粒戦」100cc+水100ccを加えてよくかき混ぜる)
[くわせ]「魚信」

[バラケ]エサの大きさは直径約3cmぐらい。エサが乾燥したら手水を加え、へらがウワズリ気味になったときは「粒戦細粒」で調整した。

釣り方の注意点 最近の同釣り場は浅ダナのアタリ出しは早いが、チョーチンは多少時間がかかる。周囲の浅ダナの人たちが釣れ始めると焦り、早くアタリを出そうとバラケを軟らかくしへらをウワズらせる人が多いので注意が必要である。打ち始めのエサは7〜10回ぐらい誘いを掛けてからバラケるぐらいのタッチで、しっかりタナを作るように心掛けることが大切。
釣り場情報 優勝は竹桟橋入口より1本目のポール先1席目で、8尺チョーチンウドンセット、55kg(36枚)。バラケは「粒戦」100cc+「とろスイミー」50cc+「ペレ道」100cc+「新B」100cc+「軽麩」100cc+「セット専用バラケ」200cc+水200ccを手水で調整しながら使用。第2位も竹桟橋中央東向きで、8尺タナ1mバラケに「感嘆(「さなぎ粉」入り)」のセット、54.8kg(92枚)。第3位はアカシア桟橋先端水門前で、8尺1mバラケにウドンのセット、51.4kg(82枚)。第4位はもみじ桟橋先端より2本目ポール手前で、8尺1mバラケにウドンのセット、49.6kg(95枚)。第5位ももみじ桟橋中央東向きで、10尺チョーチンバラケにウドンのセット、48.6kg(77枚)。