へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 武蔵の池 > 釣果情報

2014.06.29

内島 康之インストラクター 武蔵の池にて

 マルキユー杯参加 第4位

釣行場所 武蔵の池   
釣行日時 2014年06月29日(日)   6:30〜15:00
天候 曇り
混雑度 約100%
釣行理由 マルキユー杯参加
釣果
成績 第4位
釣り方 11尺浅ダナ両ダンゴ→8尺浅ダナバラケに「感嘆」のセット
仕掛け 【両ダンゴ時】竿11尺 道糸0.8号(プロバージョンVグリーン) ハリス上下0.4号(上30cm、下40cm プロバージョンV) ハリ上下5号(グラン) ウキ旭舟 拓3番パイプトップ
【「感嘆」セット時】竿8尺 道糸0.8号(プロバージョンVグリーン) ハリス上0.5号、下0.4号(上7cm、下30cm プロバージョンV) ハリ上6号(グラン)、下4号(ウドン) ウキ旭舟 契3番パイプトップ

エサ

【両ダンゴ時】
「パウダーベイトヘラ」400cc+「ガッテン」200cc+「浅ダナ一本」200cc+水200cc+「バラケマッハ」100cc

【「感嘆」セット時】
[バラケ]「粒戦」100cc+「パワー・X」100cc+「セットガン」200cc+水200cc+「セット専用バラケ」100cc+「バラケマッハ」100cc(「粒戦細粒」で調整)
[くわせ]「感嘆」17cc+水15cc(「感嘆」は1袋に対し「さなぎ粉」を30cc加えたもの)

釣り方の注意点 両ダンゴで始めましたが混雑しているせいか、なかなか良いアタリを出すことが出来ず、それからセット釣りに変更しました。セット釣りのバラケは、基エサに手水を打ちしっとりボソに調整し使用しました。基本的にはやや大きめのウキを使用して、ウキをしっかりナジませてバラケの付いている時か抜け際のアタリを狙っていきました。バラケが持たない時や魚が上でハシャいでいる時は「粒戦細粒」を少し加えて重さでウキを入れていくようにした方が良かったです。
釣り場情報 当日は大会で混雑していたためにセット釣りの方が良かったように思いますが、通常であれば両ダンゴで釣れると思います。