へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 椎の木湖 > 釣果情報

2014.08.08

武田 雅樹フィールドスタッフ 椎の木湖にて

58.93kg(68枚) フライデーオープン 第25位

釣行場所 椎の木湖   241番
釣行日時 2014年08月08日(金)   
天候 曇りのち雨
混雑度 参加183人
釣行理由 フライデーオープン
釣果 58.93kg(68枚)
成績 第25位
釣り方 9尺宙釣り(タナ1m)両ダンゴ
仕掛け 竿9尺 道糸1.0号 ハリス上下0.5号(上30cm、下40cm) ハリ上下6号(ダンゴ) ウキ友人作 ボディ6cmパイプトップ8cm足6cm

エサ

「Sイエロー」200cc+「凄麩」200cc+水90cc(100回ほど練り込む)+水40cc+「バラケマッハ」200cc(調整用に「バラケマッハ」を使用)

軽めのエサが有効である。ナジまないからといって「ダンゴの底釣り夏」などの重めのブレントだと、落ち込みのサワリやアタリを消してしまう可能性があります。対応策としてはエサを大きく付けるなど。そのため、ハリは小さ過ぎない事が大切である。当日のエサのタッチは、耳たぶよりも硬めのボソタッチが良かったように感じます。カラツンをなくそうと軟らかくし過ぎると、サワリやアタリが消える事がありますので、エサの大きさ等で対応する事が必要でした。

釣り方の注意点 仕掛けの面では、竿は8〜9尺の短竿で充分。ウキは通常の浅ダナ両ダンゴで使用するものよりも浮力の大きい物(ボディ6cm以上)を使用し、その分ハリスを長めに設定する。ウキが立ってからナジむまでのサワリやアタリを出すために、このようなセッティングをお薦めします。また、道糸やハリスは通常よりも太目のセッテングにすることで、トラブルを減らしてチャンスを増やすことが可能です。
釣り場情報 ポイントは、6月のフライデーオープン参加時に3号桟橋に入って魚が薄く感じたので、今回は2号桟橋を選択した。今までの傾向として5号桟橋は人気が高く、早い段階で釣り座が埋まっていき1号桟橋が空いている状態である。そのため、釣り人が少ない分プレッシャーも低い状態で、魚が1人の釣り人に対して多く集まってくるように感じます。