環境への取組み
環境に優しく、安全で釣れるエサを、安心してお使いいただくために | 釣りエサの環境負荷
自然の循環サイクルを意識したエサづくり | 釣り場の海底調査 | 環境保全への第一歩
21世紀のエサづくり | エサの分解実験「海編」 | 分解菌・ミネラルの応用
生分解ワーム 分解実験レポート | 清掃活動
「新河岸川放水路・びん沼川環境浄化運動」 「水辺感謝の日」
マルキユーでは(財)日本釣振興会埼玉県支部の呼びかけの下、「水辺感謝の日」全国一斉釣り場清デー(年2回)にびん沼川の清掃活動をしております。

 びん沼川は、さいたま市、川越市、富士見市、上福岡市の4市を流れる延長約6キロメ−トルの一級河川です。新河岸川流域の洪水被害を防ぐため、新たに開削した新河岸川放水路、調節機能を有するびん沼調節池及び荒川に強制排水を行う南畑排水機場から成っています。日常は、都市化の進む流域の中で貴重な親水レクリエ−ション空間として、魚釣りや散歩など多くの人々に利用されています。しかしながら、利用者の増加に伴って心ない人々によるゴミの置き去り、ポイ捨て、不法投棄が後を絶たず悩まされて来ました。  そのような中で、平成2年度より富士見市南畑地区住民をはじめ関係企業・機関等によるボランティアが中心となり環境浄化運動が始まりました。(財)日本釣振興会埼玉県支部でも毎年この事業に参加協力をしています。
平成17年10月16日(日)、清掃活動が行われました。
この清掃には(財)日本釣振興会埼玉県支部の他、日本へら鮒釣研究会与野支部、埼玉県釣りインストラクタ−連絡機構、埼玉南部漁業協同組合の方々が協力し、雨にもかかわらず総勢74名が参加しました。びん沼橋から三本木橋の区間を約40分間清掃しました。また、この日に毎年びん沼川で開催される(社)さいたま観光コンベンションビュ−ロ−主催による「クリ−ンさいたま釣りの祭典」でも参加者とスタッフ併せて280名が釣り場清掃を行いました。集められたゴミは4トンのゴミ回収車2台分もありました。この川は定期的にボランティアによる清掃が行われているのにもかかわらず、ゴミの置き去りが後を絶ちません。ひとりでも多くの釣り人に、釣りを楽しむ者としての義務と責任を自覚していただき、釣り場を汚さないようにしたいものです。
▲雨にもかかわらず大勢の人がゴミ拾いに参加しました ▲集められたゴミの山 ▲「クリ−ンさいたま釣りの祭典」の参加者
平成17年6月26日(日)、清掃活動が行われました。
(財)日本釣振興会埼玉県支部としては7団体・総勢105名が参加し、そのうちマルキユー株式会社からは45名でした。 午前8時30分までに現地集合し、約1時間清掃活動を行いました。
一斉に大勢で行いましたので、短時間の内にたくさんのゴミが集められ大変きれいになりました。
▲大勢の人がゴミ拾いに参加しました ▲ゴミ拾いの風景
▲きれいになった河川敷 ▲大量のゴミが集まりました ▲清掃活動に参加した人々
Copyright (C) 2004 Marukyu Co.,LTD All Rights Reserved.