環境への取組み
環境に優しく、安全で釣れるエサを、安心してお使いいただくために | 釣りエサの環境負荷
自然の循環サイクルを意識したエサづくり | 釣り場の海底調査 | 環境保全への第一歩
21世紀のエサづくり | エサの分解実験「海編」 | 分解菌・ミネラルの応用
生分解ワーム 分解実験レポート | 清掃活動
 生分解プラスチックとは「通常のプラスチック製品と同じように使え、使用後は自然界の微生物によって最終的に水と炭酸ガスに分解されるプラスチック」のことでISO(国際標準化機構)でも、ほぼ同様な定義がされています。
 日本で生分解プラスチックは「グリーンプラ」と呼ばれており、一般のプラスチックと識別するため生分解性プラスチック研究会(BPS)による識別表示制度が設けられ、製品の成分構成、生分解性、環境安全性などについて認定基準を満たしたものを「グリーンプラ製品」と認証しています。
 現在、、生分解性プラスチックには微生物産生産高分子・合成高分子・天然分子の3つのタイプがありこれらは完全生分解です。
 一方、汎用プラスチックに分解促進剤(触媒)や天然高分子(デンプン等)を添加した「崩壊性のプラスチック」も存在します。これらは劣化・崩壊が起こるものの、プラスチックそのもの(ポリエチレン等)は目に見えない大きさで環境中に残ってしまいます。また、仮に分解したとしても、完全に分解して生態系に取り込まれるまでにはかなりの年数(数十年以上)がかかります。従って完全生分解ではなく、生分解性プラスチックとは言えません。(東京海洋大学海洋学部海洋環境学科・兼廣春之教授)

生分解性プラスチックとは、このように定義づけされえいるのです。つまり、形がなくなった(人間の目には見えなくなった)だけでは生分解とはいえず、自然界のサイクルの中に入ってこそ、本当の生分解性プラスチックなのです。

生分解テスト開始時の「E-TUBE」テール部分の表面。電子顕微鏡写真100倍 淡水域における生分解テスト開始から19ヵ月後の「E-TUBE」テール部分。電子顕微鏡写真100倍 海水域における生分解テスト開始から19ヵ月後の「E-TUBE」テール部分。電子顕微鏡写真100倍
0日目(スタート)。分解サンプル「E-TUBE」ピュアホワイトカラー。新品の状態。 生分解テスト開始から19ヵ月後の「E-TUBE」。スカート部は全て分解。 生分解テスト開始後1ヵ月の「E-TUBE」。ひと月ですでに縮み始めています。 生分解テスト開始から19ヵ月後の「E-TUBE」。かなり分解が進み、微生物の付着も見られます。
Copyright (C) 2004 Marukyu Co.,LTD All Rights Reserved.