環境への取組み
環境に優しく、安全で釣れるエサを、安心してお使いいただくために | 釣りエサの環境負荷
自然の循環サイクルを意識したエサづくり | 釣り場の海底調査 | 環境保全への第一歩
21世紀のエサづくり | エサの分解実験「海編」 | 分解菌・ミネラルの応用
生分解ワーム 分解実験レポート | 清掃活動
釣りエサと一口にいってもたくさんの種類があり、日々開発されています。私ども東京海洋大学 海洋生物資源学科 水族栄養学研究室では、普段は養殖用の飼料の開発、特に「環境にやさしい養魚飼料」の開発を行っているのですが、「環境にやさしい釣りエサ」についても研究を始めました。「環境にやさしい釣りエサ」でピンと来るのが、撒きエサとプラスチックワームの自然環境に対する問題だと思います。プラスチックワームについては、生分解性プラスチックを用いたものが開発され、未回収プラスチックワームに対するごみ問題に効果が期待されています。もう一つの「環境にやさしい釣りエサ」についての研究は始まったばかりです。まず現状の把握から始めないといけないと思います。魚が食べるエサは、釣りエサにしても養魚用飼料にしても図-1のように魚に摂取され、消化・代謝され排泄されます。ここで問題となるのが、?@撒きエサが完全に魚に食べられて残らないのか。?Aもし食べ残されたものはどうなるのか。?Bまた魚に食べられたものはどのように吸収、消化、代謝されるか、ということです。?@については、目的の魚が完全に食べるということはないと思いますが、他の魚がかなりの部分を食べるのではないかと思われます。?Aについては、これまでマルキューの研究により、海にいる微生物によって分解されることが確認されています。?Bについては、現在私ども水族栄養学研究室で、マルキユーと共同で実験を行っております。その一部について、ご紹介したいと思います。
「グレパワーV9」に所定量のオキアミを配合したものをペレット状に成型し、凍結乾燥した試験飼料を作製しました。また対照飼料として、魚粉、大豆油粕、コーングルテンミール、魚油等を配合した養殖用飼料に近いものを作製し、これら二つの飼料をマダイ稚魚に残餌がほとんど出ないように給餌し、12週間飼育しました。増重量を測定するとともに、環境負荷物質となるリンと窒素のマダイ体内への蓄積率および飼育環境への負荷量を測定しました。その結果、魚の成長は僅かに対照飼料を食べたマダイの方が良かったのですが、統計的な有意差(違い)はありませんでした。また、リンと窒素の蓄積率を測定した結果、飼料の違いによる有意差はなく、リンの蓄積率が41%程度、窒素の蓄積率が対照飼料および釣りエサで、それぞれ24および28%となりました。また、魚を1トン生産する際に負荷されるリンと窒素の量を計算したところ、対照飼料および釣りエサ(グレパワーV9)で、それぞれリンが12.7および8.2kg/ton、窒素が93.2および74.0kg/tonと、釣りエサの方が負荷量が少ない結果となりました表-1。このように、もし魚が釣りエサ(撒きエサ)を完全に残らないように食べつくすことができれば、食べた魚の成長につながり、環境へのリンおよび窒素の負荷量も多くはないのではないかと思われます。
また、釣り場の環境の変化についても継続した調査をすることが大変重要と考えられます。そこで、約4年間釣りが行われていなかった三宅島の釣り場と、釣り人が頻繁に訪れる伊豆の釣り場の環境調査をマルキユーと共同で行っています。これらの知見を集積して、「環境にやさしい釣りエサ」の研究を行いたいと思います。
実験風景。実験用のマダイ稚魚にエサを与えて成長やリンと窒素の蓄積率および環境負荷を測定します。
実験用のマダイ稚魚たち。
表-1. 養魚用飼料と釣りエサを12週間給餌した場合のマダイによる環境負荷物質の流入

Copyright (C) 2004 Marukyu Co.,LTD All Rights Reserved.