へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 金山湖へら鮒センター > 釣果情報

2014.12.07

間庭 隆フィールドスタッフ 金山湖へら鮒センターにて

12.07kg(31枚) 例会 第2位

釣行場所 金山湖へら鮒センター   229番
釣行日時 2014年12月07日(日)   6:00〜15:00
天候 晴れ(強風)
混雑度 35%(50人)
釣行理由 例会
釣果 12.07kg(31枚)
成績 第2位
釣り方 9尺宙釣り(タナ1m)バラケに「感嘆」のセット
仕掛け 竿9尺 道糸0.8号(へら名人イエロー) ハリス上0.6号、下0.4号(上5cm、下28〜32cm へら名人詳) ハリ上8号(関スレ)、下3号(関スレ) ウキ千水ボディ5cmムクトップ13cm足長

エサ

[バラケ]「粒戦」100cc+水100cc(少し放置後)+「セット専用バラケ」200cc+「底バラ」200cc+「セットガン」100cc+「パウダーベイトスーパーセット」100cc(吸水したのを見計らい全体を良くかき混ぜる。ボソで硬め)
[くわせ]「感嘆(「さなぎ粉」入り)

[バラケ]早朝の気温がマイナス1度と、今季一番の冷え込みのなかで釣りが始まった。魚は動かないと判断し、ボソの硬めを打って、食い気のある魚をしっかり寄せて釣る作戦を取る。エサの打ち出しに水面近くに魚は出てきたが、口を使う魚が寄らず、ただ水面を漂っているだけだったが、構わず一定のリズムでバラケを入れてゆくと、食いアタリが出だし釣れだす。バラケは水分少なめ、ウキのナジミはほとんど出さない抜きセットでボソを一日通した。

釣り方の注意点 魚が水面近くに出てくるが、漂っている魚はほとんどがガリ。絶対と言って良いほど口を使ってくれないので、見えない所にいる元気のある魚を狙う。バラケを打つパターンを変えず、リズム良く打つことが釣れる秘訣。とにかく口を使ってくれる魚に、寄って来てもらえなければ釣れない。
釣り場情報