へら鮒天国TOP > 野釣り場 > 円良田湖 > 釣果情報

2018.06.03

内島 康之インストラクター 円良田湖にて

約25枚 プライベート 

釣行場所 円良田湖   旅館前桟橋
釣行日時 2018年06月03日(日)   6:00〜12:00
天候 晴れ
混雑度 桟橋上に6人
釣行理由 プライベート
釣果 約25枚
成績
釣り方 13尺チョーチン両ダンゴ→9尺チョーチンバラケに「力玉IIIビッグ」のセット
仕掛け [チョーチン両ダンゴ]竿13尺 道糸1号(フラッシュブルー) ハリス上下0.5号(上55cm、下75cmサバキ) ハリ上下7号(バラサ) ウキ旭舟「赤太」3番(PCムクトップ)
[チョーチンセット]竿9尺 道糸1.25号(白の道糸)ハリス上0.8号 下0.6号(上10cm、下40cmサバキ)ハリ上9号(バラサ)下6号(セッサ) ウキ吟4番(グラスムク)

エサ

[チョーチン両ダンゴ]
「凄麩」400cc+「パウダーベイトヘラ」200cc+「グルバラ」200cc+「浅ダナ一本」200cc+水200cc

[チョーチンセット]
[バラケ]「セットアップ」200cc+「バラケマッハ」700cc+水200cc
[くわせ]「力玉ハードIIIビッグ」

釣り方の注意点 両ダンゴは上記基エサを小分けにして手水でネバボソに調整。あまり軟らかくし過ぎるとウキの動きが出にくくなるので、ややしっかり目のタッチにして、ウキを動かすことを意識してエサを打ちました。チョーチンセット釣りでは、あまり大きいボソのバラケエサだと、決めアタリが出にくいので、人差し指の頭大くらいの大きさで、ややしっとり気味の両ダンゴタッチにしたら食いアタリが出るようになりました。
釣り場情報 当日は、旅館前桟橋以外は混雑していて、旅館前桟橋は両ダンゴでも釣れる状況でした。タナは浅い方がアタリは多い傾向で、混雑したらセットの方が良いと思います。比較的良型が多いです。