へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 鬼東沼 > 釣果情報

2019.02.20

田中 雅司フィールドスタッフ 鬼東沼にて

17.8kg(30枚) 常総へら鮒会2月例会(ゲスト参加) 第2位

釣行場所 鬼東沼   中央桟橋道路向き
釣行日時 2019年02月20日(水)   7:00〜15:00
天候 晴れ
混雑度 10%(40人)
釣行理由 常総へら鮒会2月例会(ゲスト参加)
釣果 17.8kg(30枚)
成績 第2位
釣り方 15→17尺チョーチンバラケに「力玉大粒」のセット
仕掛け 竿15→17尺 道糸0.8号(へら名人鑠) ハリス上0.4号、下0.3号(上5cm、下55cm) ハリ上4号(鬼掛ストロングストレート)、下2号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅NT」9番、10番(グラスムクトップノーマルタイプ)

エサ

[バラケ]「セット専用バラケ」160cc+「粒戦」100cc+水200cc+「セットアップ」160cc+「GTS」160cc
[くわせ]「力玉大粒
(「さなぎ粉」漬け)

釣り方の注意点 栃木県にある鬼頭沼にやってきた。昨日の雨に比べ天気がよく18℃以上で絶好の釣り日和である。最近の鬼頭沼の状況は、非常に厳しいとのことなので釣り方、竿の選択、場所の情報を聞いて入場し、中央桟橋の左寄りに入った。この時期、いつもであれば11尺チョーチンセットから入り、長くても13尺止まりで済むのであるが、今回は長めの15尺ぐらいが安定してアタるとのことなので、15尺チョーチンセットから入ることにした。打ち出し2投目にサワリがありビックリ。4投目にアタリがあり、アワせたが空振り。アタリ2回目も空振りで3回目にヒットし、900gクラスの抱卵べらだった。打てば打つほどアタリが多くなり、魚影の濃さが伺える。あっという間に15枚を釣りフラシを交換したが、徐々に旧べらが混じり空振りが多くなってきた。くわせの「力玉」を半切りにしたり、硬くて小さい「力玉」にしたりしてポツポツ釣り、午前中25枚釣り昼食タイムへ。その後、北風から南風に変わりウキが流れるので、17尺に変更してみるとウキの動きが非常に悪く、追加5枚で終わってしまった。当日の反省としては、竿の選択ミスがあげられる。15尺でアタリがあるのにもかかわらず、欲を出して17尺に変更したことである。もっと言えばスタート時に13尺から入り、15尺への変更も考えながら行うことで、安定して釣れたと思う。これも普段から鬼頭沼に来てればこそなので、これから季節ごとに来てみたいと思う。
釣り場情報