へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 加須吉沼 > 釣果情報

2019.03.03

間庭 隆フィールドスタッフ 加須吉沼にて

13.8kg(17枚) 例会 第1位

釣行場所 加須吉沼   もみじ桟橋南向き中央部
釣行日時 2019年03月03日(日)   6:30〜15:00
天候
混雑度 約80人
釣行理由 例会
釣果 13.8kg(17枚)
成績 第1位
釣り方 15尺チョーチンバラケに「感嘆」のセット
仕掛け 竿15尺 道糸0.8号(へら名人イエロー) ハリス上0.8号、下0.3号(上10cm、下55cm へら名人詳) ハリ上10号(関スレ)、下3号(関スレ)→2号(プロスト) ウキ田村作「優陽」(ボディ6.5cmグラスムクトップ足長)

エサ

[バラケ]「粒戦」200cc+「粒戦細粒」50cc+「粘麩」50cc+「セットガン」100cc(粉のうちに混ぜる)+水300cc(全体によく混ぜ合わせ、少し時間を置いてナジませる)+「バラケマッハ」100cc+「サナギパワー」100cc
[くわせ]「感嘆」10cc+水12cc
(ポンプ出し)

[バラケ]底から手を入れて、掘り起こすように混ぜ合わせる。混ぜ合わせたあと、水が吸いきるとエサが締まってくるので、軟らかくても追加の麩を足さなくてOK です。

釣り方の注意点 当池にて1週間前、30名余りで例会を行った。第1位は中央の奥、段差の底釣りで10kgあまり。上位5名までが底を狙った釣りでした。自分は15尺チョーチンで今回と全く同じ釣りを行い、なんと3枚の貧果でサワリが出ない難しい釣りが1日続いた。釣果なしも7名と非常に厳しい例会でした。今回は中央桟橋からもみじ桟橋に変更し、気持ちも新たにスタートする。1投目にモヤっとウキが動き、思わず竿を上げるも空振り。2投目からも同じ動きにサワリが続き、3投目には1枚釣れてきたが、その後が難しかった。前回のようにサワリが出ない状態ではなく、毎回動きはあるのだが、魚が全く口を使ってくれず、まるでジャミアタリ。ハリは食い渋りを予想して、やや軽めの関スレ3号で始まるもサワリから食いアタリを出すため、くわせエサをやや重い「力玉」に変更した。この対策に反応した魚がすぐに食いアタリを出すが、次からは元のサワリだけに。ここでハリを関スレからやや重いプロスト2号に変更すると、食いアタリが続きだし、1日の釣果につながった。
釣り場情報