へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波流源湖 > 釣果情報

2019.05.10

田中 雅司フィールドスタッフ 筑波流源湖にて

23枚 プライベート 

釣行場所 筑波流源湖   ポンプ桟橋、浜野辺桟橋
釣行日時 2019年05月10日(金)   6:30〜15:00
天候 晴れ
混雑度 30%(100人)
釣行理由 プライベート
釣果 23枚
成績
釣り方 21尺底釣り両ダンゴ→18尺宙釣り両ダンゴ
仕掛け [底釣り]竿21尺 道糸1号(へら名人グリーン) ハリス上下0.4号(上43cm、下50cm へら名人) ハリ上下5号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅BS」15番(パイプトップノーマルタイプ)
[宙釣り]竿18尺 道糸1号(へら名人イエロー) ハリス上下0.5号(上35cm、下50cm へら名人) ハリ上下6号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅P」8番(太パイプトップノーマルタイプ)

エサ

[底釣り]
「ダンゴの底釣り冬」100cc+「ダンゴの底釣り夏」100cc+「ペレ道」100cc+水160cc

[宙釣り]
「ペレ軽」160cc+「浅ダナ一本」320cc+「ペレ道」100cc+水200cc+「軽麸」160cc+「BBフラッシュ」160cc

釣り方の注意点 前回と水位が同じく平水のときより1.5mは減水している。前回の減水時は底釣りがよかったので、21尺底釣りからスタート。それから状況をみてペレ宙か、浅ダナの軽い両ダンゴを試そうと思う。2本チョイの底でエサ打ちを始めると、すぐにアタリ出しブルーギルの入れ食い。なかなかへら鮒のアタリが出ず我慢していると、浅ダナペレ宙のT氏が釣れ出し、続いてI君が底で絞る。私もブルーギルのアタリからへら鮒のアタリになり、ようやく1枚釣りあげたが、またブルーギルのアタリになり大変。浅ダナは、へら鮒らしくウキの動きが良い。前回とは状況がだいぶ変わり、釣り方の選択が難しい。向かい風が吹いてきたので、まだ時間もあるということでペレ宙の状況を確認したく、浜野辺桟橋のS氏のところに移動し、18尺のペレ宙でスタートした。この場所は平日でもエサ打ちをされていることから、すぐにアタリ始め中型が釣れてくる。時間が経つにつれ大型が混じり大変おもしろい。何とか午前中の難しい釣りから、楽しい釣りになってよかった。
釣り場情報