へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波湖 > 釣果情報

2019.05.23

田中 雅司フィールドスタッフ 筑波湖にて

36枚(18尺8枚、9尺28枚) プライベート 

釣行場所 筑波湖   5号桟橋奥
釣行日時 2019年05月23日(木)   6:30〜15:00
天候 晴れ
混雑度 20%(200人)
釣行理由 プライベート
釣果 36枚(18尺8枚、9尺28枚)
成績
釣り方 18チョーチン両ダンゴ→9尺チョーチンバラケに「感嘆」のセット
仕掛け [両ダンゴ]竿18尺 道糸1.2号(セラミックへら名人) ハリス上下0.5号(上55cm、下75cm へら名人) ハリ上下7号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅TD」14番(グラスムクトップロングトップタイプ)
[セット]竿9尺 道糸1.5号(へら名人グリーン) ハリス上1号、下0.6号(上10cm、下35cm へら名人) ハリ上9号(極ヤラズ)、下8号(極ヤラズ) ウキ自作「T雅HT」8番(PCムクトップノーマルタイプ)

エサ

[両ダンゴ]
「バラケマッハ」400cc+「軽麸」400cc+水250cc+「GTS」200cc+「凄麩」200cc

[セット]
[バラケ]「バラケマッハ」600cc+「BBフラッシュ」200cc+水200cc+「バラケマッハ」200cc
[くわせ]「感嘆」20cc+水19cc

釣り方の注意点 いつものメンバー6人と筑波湖にやってきた。スタート時は長い竿のチョーチン両ダンゴから入り、活性が良ければ短めの竿に変えて対応しようと考えていた。数投でウキが動き出したが、なかなか食いアタリにならない。我慢してエサ打ちしているとようやくアタリがあり、超大型がポツポツ釣れ出した。アタリが多くなってきたので、エサに練りを加えて持たせると食いアタリが少なくなった。多少ボソがあった方が良く、エサの調整が難しい。筑波湖での両ダンゴが本格化するのもあと少しのようだ。次に9尺チョーチンセットを行ってみる。上に大きめなバラケ、下に「感嘆」をつけ、打ち出すとすぐにアタリ出して釣れてきた。ヒットするパターンとしてバラケが少しついている状態が食いアタリが多く、アワセのリズムになるので大変おもしろい。
釣り場情報