へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波湖 > 釣果情報

2019.06.05

田中 雅司フィールドスタッフ 筑波湖にて

41枚(セット28枚、両ダンゴ13枚) プライベート 

釣行場所 筑波湖   4号桟橋手前
釣行日時 2019年06月05日(水)   6:10〜15:00
天候 晴れ
混雑度
釣行理由 プライベート
釣果 41枚(セット28枚、両ダンゴ13枚)
成績
釣り方 9尺チョーチンバラケに「感嘆」のセット→14尺浅ダナ両ダンゴ
仕掛け [セット]竿9尺 道糸1.5号(へら名人グリーン) ハリス上1号、下0.6号(上10cm、下35cm へら名人) ハリ上9号(極ヤラズ)、下8号(極ヤラズ) ウキ自作「T雅HT」8番(PCムクトップロングトップタイプ)
[両ダンゴ]竿14尺 道糸1号(へら名人グリーン) ハリス上下0.4号(上27cm、50cm へら名人) ハリ上下6号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅AD」7番(パイプトップノーマルタイプ)

エサ

[セット]
[バラケ]「バラケマッハ」480cc+「BBフラッシュ」160cc+水200cc+「バラケマッハ」160cc
[くわせ]「感嘆」20cc+水19cc


[両ダンゴ]
「へらスイミー」160cc+「浅ダナ一本」320cc+水200cc+「軽麸」160cc+「BBフラッシュ」160cc

釣り方の注意点 前回、筑波湖で良い釣りができたので、9尺チョーチンセットから入り、状況によって釣り方を変更しようと考えてスタートした。スタート時からブルーギルのサワリがあり、鋭いへら鮒のアタリを待っていると5投目に初アタリがあり700gクラスをゲット。その後、アタリが多くなりポツポツ釣れてくる。徐々に抱卵べらの黄色い超大型が釣れ出し非常におもしろい。バラケエサを大きくしっかり付け、トップ先端が残るようにエサ締めを調整して対応すると、くわせエサが下にまわった時に入る鋭いアタリでよく釣れる。また、バラケエサが徐々に溶けてウキが上がった時に入るアタリ(5cmぐらい入る)もよく釣れた。T氏が浅ダナの両ダンゴでよく釣れているので、私も14尺の浅ダナ両ダンゴに変えてみると、上層の黒々とした肉厚のへら鮒が釣れておもしろい。両ダンゴ釣りはエサを超軟にしたり、大きさを調整したり、エサ打ちの落とし込みに注意したりと、いろいろ試してその日の釣果を上げる工夫ができるので、勉強になるしそれが醍醐味である。今、筑波湖は非常におもしろい。
釣り場情報