へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波湖 > 釣果情報

2019.06.13

田中 雅司フィールドスタッフ 筑波湖にて

39枚(セット23枚、両ダンゴ16枚) プライベート 

釣行場所 筑波湖   6号桟橋中央
釣行日時 2019年06月13日(木)   6:30〜14:50
天候 晴れ
混雑度 30%(50人)
釣行理由 プライベート
釣果 39枚(セット23枚、両ダンゴ16枚)
成績
釣り方 9尺チョーチンバラケに「感嘆」のセット→12尺宙釣り両ダンゴ
仕掛け [セット]竿9尺 道糸1.5号(へら名人グリーン) ハリス上1号、下0.6号(上10cm、下35cm へら名人) ハリ上9号(極ヤラズ)、下8号(極ヤラズ) ウキ自作「T雅HT」8番(PCムクトップロングトップタイプ)
[両ダンゴ]竿12尺 道糸0.8号(へら名人グリーン) ハリス上下0.4号(上27cm、下50cm へら名人) ハリ上下6号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅AD」6番(パイプトップノーマルタイプ)

エサ

[セット]
[バラケ]「バラケマッハ」480cc+「BBフラッシュ」160cc+水200cc+「バラケマッハ」160cc
[くわせ]「感嘆」20cc+水18cc


[両ダンゴ]
「へらスイミー」160cc+「浅ダナ一本」320cc+水200cc+「軽麸」160cc+「BBフラッシュ」160cc

釣り方の注意点 筑波湖に6時到着。平日にもかかわらず早くも30人以上入場者がおり、人気の釣り場だと伺える。予定していた4号桟橋の手前には先客がおり、今回は6号桟橋に入ることとなった。午前中は、太陽が筑波山側から出るため、暑さをしのぐには筑波山を背にすると1日が非常に楽になる。常連さんもほとんどが事務所向きに入る。私たち8人は6号桟橋の中央で、各自好きな釣り方で入り、状況によっては釣れている釣り方をマネして練習しようと考えた。朝1番に連れ出したのは、私の短ハリスチョーチンセットで、2番目に15尺浅ダナ両ダンゴが釣れ出した。型は800gクラスでここでは標準サイズ。エサ打ちが進むごとにアタリが多くなり順調に枚数を重ねた。その後、チョーチンヒゲセットやチョーチン両ダンゴも釣れ出した。全般に浅めの釣り方が良く、長竿(17、18尺)のチョーチン両ダンゴが良くなく、私も17尺で少し試したが、ウケはあるが入り込みの食いアタリが少なく非常に釣りづらい。午後より12尺浅ダナ両ダンゴを試した。1ボウル目は4〜5枚で2ボウル目から本格的に釣れ出した。型も上としては大きく、キロ級が混じり楽しく終えることができた。
釣り場情報