へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波湖 > 釣果情報

2019.06.21

田中 雅司フィールドスタッフ 筑波湖にて

37枚 プライベート 

釣行場所 筑波湖   4号桟橋手前
釣行日時 2019年06月21日(金)   6:30〜14:50
天候 曇り一時雨
混雑度 10%(30人)
釣行理由 プライベート
釣果 37枚
成績
釣り方 9尺チョーチンバラケに「感嘆」のセット
仕掛け 竿9尺 道糸1.5号(へら名人グリーン) ハリス上1号、下0.6号(上10cm、下35cm へら名人) ハリ上9号(極ヤラズ)、下8号(極ヤラズ) ウキ自作「T雅HT」9番(PCムクトップ)→「T雅TS」9番(グラスムクロング)

エサ

[バラケ]「バラケマッハ」480cc+「BBフラッシュ」160cc+水200cc+「バラケマッハ」160cc
[くわせ]「感嘆」20cc+水18cc

釣り方の注意点 天気が心配されていたが、早朝は雨が降らずスタートできた。9時ぐらいになると時折激しい雨があったが1時間ぐらいで止み、その後は涼しく釣りができた。池の状況は、短めの竿のチョーチン両ダンゴ・セット、浅ダナ両ダンゴなど、どの釣り方でもへら鮒がすこぶる元気がよく、超大型がよく釣れる。水深のある池なのだが16尺以上のチョーチン両ダンゴは、あまりパッとしなく浅ダナに分がありそうだ。特に、8〜9尺のチョーチンセット(「ヒゲトロ」、「感嘆」、「力玉ハードIIIビッグ」など)が大変良く大釣りが可能である。「感嘆」を硬めに作り打ち出すと、すぐにアタリ出してよく釣れる。最近は天気も安定しており、バラケエサを食うようになってきた。一時は、くわせエサオンリーで多少待ち気味な釣りであったが、アタリが多くなりテンポの良い釣りができる。混雑や大きな状況変化がなければ、筑波湖のバコベラで1日楽しい釣りができる状態である。
釣り場情報