へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波流源湖 > 釣果情報

2019.06.23

田中 雅司フィールドスタッフ 筑波流源湖にて

17kg(20枚) 20クラブ6月例会(ゲスト参加) 第20位

釣行場所 筑波流源湖   浜野辺桟橋奥沈船桟橋向き
釣行日時 2019年06月23日(日)   6:30〜14:00
天候 曇り
混雑度 60%(250人)
釣行理由 20クラブ6月例会(ゲスト参加)
釣果 17kg(20枚)
成績 第20位
釣り方 9尺チョーチンバラケに「感嘆」のセット→21尺底釣り両ダンゴ
仕掛け [チョーチン]竿9尺 道糸1.5号(へら名人グリーン) ハリス上1号、下0.6号(上10cm、下35cm へら名人) ハリ上9号(極ヤラズ)、下8号(極ヤラズ) ウキ自作「T雅HT」9番(PCムクトップ)
[底釣り]竿21尺 道糸1号(セラミックへら名人) ハリス上下0.4号(上40cm、下50cm へら名人) ハリ上下6号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅BS」14番(パイプトップ)

エサ

[チョーチン]
[バラケ]「バラケマッハ」480cc+「BBフラッシュ」160cc+水200cc+「バラケマッハ」160cc
[くわせ]「感嘆」20cc+水18cc


[底釣り]
「ダンゴの底釣り冬」100cc+「ダンゴの底釣り夏」100cc+「ペレ道」100cc+水160cc

釣り方の注意点 2本の指定桟橋のうち浜野辺桟橋に入ることにした。水位は前回来たときよりも50cmぐらい上がっており、ペレ宙が良いと思ったので18尺のペレ宙でスタートした。すぐに魚の気配があったが食いアタリが出ず、3ボウル3枚で超貧乏に終わり作戦を変更。周りのヒゲセットが釣れていたので、9尺チョーチンバラケに「感嘆」のセットで再スタート。すぐにアタリ出して釣れ出すがカラツンが多い。食いアタリを絞ってポツポツ釣っているが、気分が良くない。前回、底釣りで大型を釣ったことがよぎり、底釣りのエサを確認すると「ダンゴの底釣り夏」、「ダンゴの底釣り冬」、「ペレ道」がある。さっそく準備して21尺底釣りでスタート。底立てすると3本チョイで右が浅く、左が徐々に深くなっているので10cm段差で行う。3投目からアタリ出し大型が釣れ出したが、教科書通りのアタリにもかかわらず空振ぶってしまい非常に難しい。基エサを軟らかくして早いアタリにして釣ろうとすると、食いアタリにならない。今度は基エサに「ダンゴの底釣り冬」をパラパラ振り掛け硬めにすると、歯切れの良い食いアタリが出るようになったが、ヒット率が低く大苦戦で14枚を釣りギブアップ。今回の反省といえば底釣りは竿いっぱいで行えば、エサ合わせや釣りのリズムがとれて枚数も釣れたと思えた。上位は、チョーチンのウドンセットやヒゲセットでした。
釣り場情報