へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 谷和原大沼 > 釣果情報

2008.01.14

中澤 岳アドバイザー 谷和原大沼にて

10.6kg  新春大会  第12位

釣行場所 谷和原大沼   
釣行日時 2008年01月14日(月)   
天候 晴れ
混雑度 99%
釣行理由 新春大会
釣果 10.6kg
成績 第12位
釣り方 16尺宙(タナ1〜1.5m)バラケにウドンのセット
仕掛け 竿16尺 道糸0.8号 ハリス上下0.4号(上9cm、下50cm) ハリ上下5号(ダンゴ) ウキ夢童7号

エサ

「パワー・X」200cc+「段底」200cc+「パウダーベイトスーパーセット」300cc+「底バラ」200cc+「粒戦」50cc+水200cc [くわせ]「特選わらび彩」1分包+「魚信」1分包+水200cc(8mm径)

釣り方の注意点 500円玉大のバラケを打ち続け、アタリが出るまで打つ。その後アタリが出たら、食いアタリが出る硬さを探る。あまり高い位置での抜きは駄目だったが、タナでの抜きは決まりかけた。後半はナジんでから3秒くらい持ってからバラけるタッチがよかったが、つい抜きにこだわってしまい、釣果を伸ばすことができなかった。
釣り場情報 優勝は北桟橋第一フラシ掛けの前、18尺1mバラケにウドンのセットだった。2位は南桟橋中央、18尺の両グルテンの底釣り。3位は中央北桟橋、18尺バラケとグルテンのセット。中央南桟橋以外は中央から東寄りが全般的によかった。北側の池は宙釣りはよかったが、南の池は底釣りがよかった。いずれにしても18尺の長い竿がよく、99%という超混雑では当たり前だといえた。愛好会などのときの空いたときは段底がよかったが、当日は段底、短竿の浅ダナ、北側の底釣りはよくなく、アタリを見るのも厳しい状態だった。今年の新べらは小さいものから大きいものまで相当量入っていて、当日も釣れたのは新べらがほとんどだった。特に1kg級の大型が各桟橋で釣れていたので、これから暖かくなると、相当に楽しめることが想像できた。