へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波白水湖 > 釣果情報

2019.07.17

田中 雅司フィールドスタッフ 筑波白水湖にて

60枚 プライベート 

釣行場所 筑波白水湖   南中央桟橋奥ポプラ桟橋向き
釣行日時 2019年07月17日(水)   6:30〜14:30
天候 曇り時々晴れ
混雑度 5%(15人)
釣行理由 プライベート
釣果 60枚
成績
釣り方 12尺宙釣り両ダンゴ
仕掛け 竿12尺 道糸1号(へら名人ブラウン) ハリス上下0.5号(上27cm、下40cm へら名人) ハリ上下6号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅AD」5番(パイプトップノーマルタイプ)

エサ

「へらスイミー」160cc+「浅ダナ一本」320cc+水200cc+「軽麸」160cc+「BBフラッシュ」160cc

「カルネバ」をパラパラと振り掛け硬さ調整。

釣り方の注意点 フォーラム侠7月例会にむけての試釣のため筑波白水湖にやっていた。梅雨時期と平日につき来客は少なく、例会が行われる予定の桟橋に入ることができた。南中央桟橋の奥寄りのポプラ向きに入り、3人それぞれ好きな釣り方ではじめた。私が16尺のペレ宙、S氏は8尺チョーチンヒゲセット、SK氏は16尺ペレ宙でスタート。釣り出しが1番早かったのは8尺チョーチンセットであり、数投で食いアタリがあった。浅いタナも5〜6投でアタリ出したが、空振りが多い。徐々にへら鮒が水面に見えはじめ、エサが付いていれば、釣れてしまう状態。ただしエサ無しアタリもあり、スレも多くなるので注意した。しっかりとしたエサに調整して、確実な鋭いアタリでアワせることで釣果が伸びる。あまりによく釣れるので12尺60cmぐらいで両ダンゴを行ってみると、この釣り方が正解で数も釣れてリズムも良く、本番はこの釣り方が一番良いように思えた。
釣り場情報