へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 野田幸手園 > 釣果情報

2019.08.04

稲村 順一フィールドテスター 野田幸手園にて

35.6kg(正味50枚、9寸〜尺2寸で尺1寸級主体) 川口市釣連夏季大会兼日研川口真菰支部8月例会 第2位

釣行場所 野田幸手園   つつじ桟橋事務所向き入口から10席目
釣行日時 2019年08月04日(日)   6:00〜15:00
天候 晴れ(最低気温27℃、最高気温36℃、南西のち南東の微風)
混雑度 約40%
釣行理由 川口市釣連夏季大会兼日研川口真菰支部8月例会
釣果 35.6kg(正味50枚、9寸〜尺2寸で尺1寸級主体)
成績 第2位
釣り方 10.5尺宙釣り(タナ1m)両ダンゴ
仕掛け 竿10.5尺(嵐月) 道糸1号(極弦) ハリス上下0.6号(上22〜30cm、下30〜40cm 極弦) ハリ上下7号(SasoriHARD) ウキクルージャン「スタンダードタイプSTRIDE IV両ダンゴ用DAG」No.2(ボディ6cmオモリ負荷量≒0.9g)※エサ落ち目盛り=7目盛り中5目盛り出しでスタートし、途中オモリ量を調整しながら釣り進み、最終的にはトップ付け根で落ち着く。

エサ

「ペレ軽」400cc+「BBフラッシュ」200cc+水200cc(20〜30回勢いよくかき混ぜてから2〜3分放置後)+「カルネバ」100〜200cc(ザックリ絡める)

午前中は小分けした基エサに「ペレ軽」もしくは「BBフラッシュ」を少量差し込んだ硬めのネバボソタッチが反応は良かったが、アタリが激減した昼前からは、基エサを練り込み手水で極限まで軟らかくした極軟ネバタッチでアタリを引き出した。

釣り方の注意点 同釣り場のなかでも浅場のつつじ桟橋なので、釣り方の選択肢としては浅ダナの両ダンゴかセット釣りしかない。前週試釣組からはアタリが少ないと聞いていたのでセット釣りも考えたが、とりあえず例年通り軽めのペレット系両ダンゴでスタート。ウキに変化が現われたのは開始30分後で、やはりへら鮒の寄りが少なく反応も鈍いと感じながらもエサ打ちを続けていると徐々に食いアタリが出始め、ファーストヒットは開始からおよそ1時間後。その後は釣れても釣れなくてもアタリは断続的で、同じエサのタッチ・タックルセッティングではアタリが続かなかったので、常時エサのタッチを変えたりウキのサイズやハリスの長さを変えたりしながら刺激を与え続けた。その結果、食い気のあるへら鮒が回遊してこない時間帯でもポツポツ拾うことができ、コンディションの良いへら鮒がタナに入ってきたときには、キロ級の大型も数枚釣ることができた。
釣り場情報 例年よりもアタリが少なく、全体的に両ダンゴでアタリを維持すること自体困難な状況であった。また常時釣り人が入っているポイントと、そうでないところでは魚影に大きな差があるため、入釣時には混雑よりも魚影の濃淡に注意を払いたい。なおセット釣りの方がアタリは持続する傾向だが、両ダンゴでもこまめにタッチを変えながら反応を引き出せば十分に対処可能と思われる。なお第1位は同桟橋奥内向き(駐車場を背にして)中尺竿のペレット系両ダンゴの浅宙釣りで43.8kg。