へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波湖 > 釣果情報

2019.08.03

田中 雅司フィールドスタッフ 筑波湖にて

58kg(68枚) みずき会8月例会(ゲスト参加) 第1位

釣行場所 筑波湖   4号桟橋手前
釣行日時 2019年08月03日(土)   6:00〜15:00
天候 晴れ
混雑度 40%(80人)
釣行理由 みずき会8月例会(ゲスト参加)
釣果 58kg(68枚)
成績 第1位
釣り方 9尺チョーチンバラケに「感嘆」のセット
仕掛け 竿9尺 道糸1.5号(へら名人グリーン) ハリス上1号、下0.8号(上10cm、下35cm へら名人) ハリ上9号(極ヤラズ)、下8号(極ヤラズ) ウキ自作「T雅HS」9番(PCムクロングトップタイプ)

エサ

[バラケ]「バラケマッハ」600cc+「BBフラッシュ」200cc+水200cc+「バラケマッハ」200cc
[くわせ]「感嘆」20cc+水18cc

釣り方の注意点 筑波湖で行われた、みずき会の例会にゲスト参加した。3〜4号桟橋が指定なので、H氏と一緒に太陽を背にした4号桟橋の手前に入った。他の参加者もぞくぞくと入釣してきたが、結局全員が4号桟橋に並んで入ることになった。スタートは9尺チョーチン短ハリスでバラケに「感嘆」のセットから入りダンゴの食いが良ければ、18尺ぐらいのチョーチン両ダンゴを行うつもりでいた。土曜日にしては人も少なかったので、すぐにアタリがあると思っていたが、1ボウル終わるころにはじめてアタリがありビックリ。最初に釣れ始めた位置は、奥側で浅ダナの両ダンゴである。私たちがアタリ出すころには6〜7枚釣っており、今回手前はダメかと思いながら我慢して行っていた。しかし徐々にポツポツ釣れ出し、ウキも活発に動き出した。早くて鋭い食いアタリにアワせるとダンゴにヒットしてくる。そうなるとエサ打ちテンポも良くなって非常に楽しい。12kgカットなので12枚で交換。へら鮒がいくらか水面近くに見えると食いがよいので、待ち釣りにならないように積極的にアワせて枚数を増やした。結果、58kgで超大型も混じり非常に楽しく終えることができた。浅ダナ両ダンゴは朝イチだけ良くて、ほとんどの会員はチョーチンヒゲセットやチョーチン両ダンゴに途中から切り替えてしまった。
釣り場情報