へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波流源湖 > 釣果情報

2019.08.18

田中 雅司フィールドスタッフ 筑波流源湖にて

43kg(47枚) フォーラム侠8月例会 第1位

釣行場所 筑波流源湖   自由池柳下桟橋
釣行日時 2019年08月18日(日)   6:00〜15:00
天候 晴れ
混雑度 60%(200人)
釣行理由 フォーラム侠8月例会
釣果 43kg(47枚)
成績 第1位
釣り方 19尺ペレ宙
仕掛け 竿19尺 道糸1号(へら名人イエロー) ハリス上下0.5号(上35cm、下50cm へら名人) ハリ上下6号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅P」8番(パイプトップノーマルタイプ)

エサ

「ペレ軽」320cc+「浅ダナ一本」320cc+水200cc+「軽麸」160cc+「BBフラッシュ」160cc

釣り方の注意点 今回はフォーラム侠8月例会が、筑波流源湖の自由池で行われた。例年7番目の入場で、他の会が使用しない自由池で行っている。30名以上入ってしまうと渋くなる傾向だが、先に入っている会での自由池使用は10名程度なので、何とか全員入ることができた。昨年も中央部分が人気で今回も真中から埋まってしまう。最後に入るメンバーは、空いているところの中で比較的良いところを選んで行う。私と審判部長は1番最後で、空いていた柳下桟橋の中央部に3名で入った。私たちの前には超大型のもじりが多くあり、エサ打ちする前からワクワクしていた。早く準備を進めてエサ打ち開始。ところが太陽光の反射でウキがまったく見えない。なんとかエサ打ちしていくと5〜6投ぐらいからウキに反応が出始めたので、いつでも食いアタリがあれば、アワせる準備をしていた。見えにくい状況の中、消し込みアタリに反応し1ボウル4枚。目の前にへら鮒がいる間に大きなエサをテンポよく打ち、へら鮒を足止めして連続で食いアタリが出るように心掛ける。10時ぐらいになり、アタリがはっきり見えるようになると、食いアタリ前の前アタリがわかるようになり、エサ持ちやアタリの出方がつかめてきた。池全体のアワセが少なくなってもエサに工夫をして対応した。時間が経つにつれて食いアタリまでが長くなり、しっかりしたエサでないと釣れなくなってきた。私は、はじめに軟らかいエサで釣っていたが、10時ぐらいから硬いエサに変え、しっかりナジミが入り、少しずつ溶けるようにして食いアタリを出した。何とか43kg(47枚)で今季初めての第1位となった。ほとんどが1kg以上のへら鮒で大変おもしろく終了できた。
釣り場情報