へら鮒天国TOP > 野釣り場 > 松原湖 > 釣果情報

2019.09.08

稲村 順一インストラクター 松原湖にて

24kg(49枚、24〜30cmで27cm級主体) 日研川口真菰支部9月例会 第1位

釣行場所 松原湖   稲荷ロープ突端
釣行日時 2019年09月08日(日)   6:30〜13:00
天候 晴れ(最低気温17℃、最高気温25℃、南西のち東のやや強い風)
混雑度 全体で30%(同ロープの入釣者2人)
釣行理由 日研川口真菰支部9月例会
釣果 24kg(49枚、24〜30cmで27cm級主体)
成績 第1位
釣り方 8.2尺宙釣り(タナ60〜80cm)バラケに「力玉」のセット
仕掛け 竿8.2尺(寿仙) 道糸0.7号(極弦) ハリス上0.5号、下0.4号(上8cm、下20〜30cm 極弦) ハリ上8号(Sasori HARD)、下3号(Sasori HARD) ウキクルージャン「スタンダードタイプ ウィンターバージョンWAS」No.3(ボディ4.5cm、オモリ負荷量≒0.4g)※エサ落ち目盛りはくわせを付けた状態で7目盛り中3目盛り出し

エサ

[バラケ]「粒戦」50cc+「とろスイミー」50cc+水200cc(10分程度放置)+「セットアップ」200cc+「セット専用バラケ」200cc
[くわせ]「力玉
(「さなぎ粉」漬け)

[バラケ]別ボウルに1/3程度取り分けて手水で調整する。持たせるときには「BBフラッシュ」を適宜絡めて、エサ付けの際に圧加減でナジミ幅をコントロールした。[くわせ]浅漬け(大きめ)から深漬け(極小サイズに絞り込んだもの)したものまで、3サイズ用意して交互に打ち分けた。

釣り方の注意点 降水量が少ないため湖の透明度が高く、へら鮒の警戒心が高まりアタリが出にくいとの情報から深めのタナを狙った会員が多かったが、当日は台風の余波による風で朝からさざ波が立っており、警戒心が薄れると判断してカッツケ釣りを選択。例年この時期は両ダンゴで釣りきることが困難であることから、「力玉」をくわせにエサしたセット釣りでウキ下80cmとしてスタートすると、開始3投目でアタリが出ていきなりのヒット。その後もほぼゼロナジミの早抜きバラケでアタリが続き、カラツンは多いものの1時間で15枚を釣り上げたが、モーニングサービスが終わるとアタリが激減。同湖の釣りはここからが本番で、タナを10〜15cmずつ上下させたりバラケエサのタッチを変えたり、またハリスの長さを変えたりくわせエサのサイズを打ち比べてみたりなどして摂餌を刺激。幸い何かを変えた直後に明確な反応が出たので、こまめに調整を加えながら根気強く丁寧に拾うことに専念することができた。なお当日、最も感じよくアタリが引き出せたパターンは、ゼロナジミの抜きバラケで数投打ち込み、ウキに変化が見られたらバラケエサを持たせて(このとき「BBフラッシュ」で調整したものが良かった)タナで一気抜きをすると、抜けた直後にアオリが出て明確な食いアタリに連動するというもの。特に流れが強くなったときは、直径10mm程度の小さなバラケエサをテンポ良く打ち込み続け、流れる幅を50cm程度に止めて早めの打ち返しを心掛けた。スタイルとしては完全な真冬のアプローチであるが、途中毎投アタリが出るようになった時点で試しに両ダンゴに切り替えてみたが、およそ30分間1回もまともなアタリを出すことができなかったことから、セット釣りでのこのアプローチが当日のベストであったことが裏付けられた。
釣り場情報 舟付用ロープが設置されているポイントには、上から下までどのタナにもへら鮒が居着いているようだが、口を使うへら鮒は浅めのタナに多いような感じである。また雨後に濁りが入ると一時的に両ダンゴで荒食いを見せることはあるが、現在はセット釣りの方がアタリは出しやすいので、釣行の際にはいずれの準備も怠りなく。