へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 椎の木湖 > 釣果情報

2019.10.26

田中 雅司フィールドスタッフ 椎の木湖にて

26.3kg(30枚) 椎の木湖主催フレンドシップ大会 団体第10位、個人第8位

釣行場所 椎の木湖   3号桟橋538番
釣行日時 2019年10月26日(土)   6:30〜14:00(昼食休憩30分含む)
天候 晴れ
混雑度 95%(306人)
釣行理由 椎の木湖主催フレンドシップ大会
釣果 26.3kg(30枚)
成績 団体第10位、個人第8位
釣り方 20尺チョーチン両ダンゴ
仕掛け 竿20尺 道糸1.2号(セラミックへら名人) ハリス上下0.5号(上55cm、下75cm へら名人) ハリ上下7号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅TD」15番(グラスムクロングトップタイプ)

エサ

「バラケマッハ」400cc+「軽麸」400cc+「カルネバ」200cc+水250cc+「凄麩」200cc

釣り方の注意点 フォーラム侠のメンバーと例年行われている椎の木湖主催のチーム戦(6人)の大会に出場した。各チーム6人が各桟橋に1人ずつ入りトータルkg数で勝敗が決まる。私が入る桟橋の抽選を引くと538番で、絶好のチョーチン両ダンゴができる場所であり決め釣りができる。私が当日の予定として考えていた釣り方は、深いところであれば長い竿のチョーチン両ダンゴ、端よりの浅場であればチョーチン抜きセットである。会場は先日降った雨で満水状態であり、水深が大きく変わっている。早速場所に着き底近くのチョーチンをするため19尺で測ってみると、平水時ではラクラク底に着くところが届かない。今度は21尺で測ると20尺が良さそうであることから開始時間までにそれで準備を進めた。エサ打ち開始したが、日差しの加減でウキが棒状態になりサワリやアタリが見えない。ウキが見えるようになるまで時間がかかったがなんとか6枚を釣り、10時近くになりウキが見えはじめ、11時半までに11枚釣り合計17枚。昼食後、激渋ながら13枚釣り合計26.3kg(30枚)で個人戦は第8位で終了した。チームとしては当月賞の第10位でたくさんの商品をいただき、メンバー全員喜んでいた。今回のアタリの取り方としては、渋いときには早いアタリが出にくく、中間からの鋭い食いアタリか、ナジミ切ってからのちょい待ちアタリがよく乗った。しかし、あまり待ち過ぎてしまうと寄りが少なくなってしまうので、エサ打ちリズムを良くし、ナジミ切ったら徐々にウキが上がるようにエサ締めに注意が必要であり、普段の練習が大切になる。
釣り場情報