へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 椎の木湖 > 釣果情報

2019.10.26

綿貫 正義フィールドテスター 椎の木湖にて

25.97kg(29枚) フレンドシップ選手権大会 個人第9位、チーム第6位

釣行場所 椎の木湖   3号桟橋No.519
釣行日時 2019年10月26日(土)   6:30〜14:00
天候 晴れ時々曇り
混雑度 約90%(約306人)
釣行理由 フレンドシップ選手権大会
釣果 25.97kg(29枚)
成績 個人第9位、チーム第6位
釣り方 18尺チョーチン両ダンゴ
仕掛け 竿18尺 道糸1.2号(ナポレオン) ハリス上下0.6号(上55cm、下75cm ナポレオン) ハリ上下7号(極ヤラズ) ウキ弥介「WGソリッドムクチョーチン」(ボディ15cmムクトップ足長)

エサ

「カルネバ」200cc+「BBフラッシュ」200cc+「凄麩」200cc+「GD」100cc+水300cc(数分放置)+「GTS」400cc

調整のメインは手水と「BBフラッシュ」。魚がうすく感じたら手水と「GTS」で調整した。

釣り方の注意点 当日は9尺宙釣り(タナ1m)バラケに「感嘆」のセットで始めたが、水面近くにいるもののタナにはうすい感じでとにかくアタリにならない。8時に見切りをつけ(ここまで3枚)18尺のチョーチン両ダンゴに変更した。この釣りは20日の日曜日に試釣した際、そこそこ釣れたので同じアプローチで始めたところ、試釣のときよりはアタリ出しこそ早かったがカラツンが多く、思いのほかポツポツ程度しか釣れない。それでもセット組よりあきらかにアタリが多いので、この釣りを1日通すことに決めた。午前はエサがぶら下がってしまうと意外とアタらないので、ナジミ切るまでのアタリを取っていった。しかし昼食後はナジミ途中のアタリがほとんどなくなり、エサがぶら下がった後に魚にアオられても耐えた後のドンアタリが多く、午前と午後でまったく逆のパターンになった。とはいえ、午後の方があきらかに型も良く楽しめました。
釣り場情報