へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 富里乃堰 > 釣果情報

2019.11.26

田中 雅司フィールドスタッフ 富里乃堰にて

38枚(21尺底釣りで17枚、16.5尺浅ダナで21枚) プライベート 

釣行場所 富里乃堰   西桟橋自販機前
釣行日時 2019年11月26日(火)   6:50〜15:00
天候 曇り時々雨
混雑度 5%(10人)
釣行理由 プライベート
釣果 38枚(21尺底釣りで17枚、16.5尺浅ダナで21枚)
成績
釣り方 21尺底釣り両グルテン→16.5尺浅ダナ両グルテン
仕掛け [底釣り]竿21尺 道糸1号(へら名人グリーン) ハリス上下0.4号(上40cm、下50cm へら名人) ハリ上下6号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅BS」14番(パイプトップノーマルタイプ)
[浅ダナ]竿16.5尺 道糸0.8号(へら名人イエロー) ハリス上下0.4号(上50cm、下65cm へら名人) ハリ上下6号(鬼掛ストロングストレート) ウキ自作「T雅P」7番(パイプトップノーマルタイプ)

エサ

[底釣り]
「新べらグルテン底」120cc+「グルテン四季」100cc+水200cc

[浅ダナ]
「新べらグルテン底」100cc+「グルテン四季」100cc+「GD」100cc+水190cc

釣り方の注意点 当日は長雨の合間にできた曇りの日。来月、フォーラム侠12月例会がおこなわれる富里乃堰に会員2名とやってきた。朝のうち小雨が降っていたことに加え平日のためか、来場者が少ない。今月22日に新べらが放流されており、新べらを釣る良い機会である。風が奥から吹いており、池を見て左の桟橋の自販機前に3人並んで入ることにした。新べらのもじりも多いので、21尺底釣り両グルテンから入った。久しぶりのグルテンの釣りということ、21尺で3本ぐらいのタナのため、宙釣りで使用している「新べらグルテン底」と「グルテン四季」で対応してみた。5投目にアタリ出し新べら700gクラスがヒットする。その後、新べら混じりでよく釣れるようになった。隣の11尺浅ダナセットのS氏は入れ食い状態になっており、こんなに釣れてよいのかと喜ばしい悩みを抱えていた。O氏(前年度12月例会第1位)の21尺の底釣りは、新べらが多く釣れており今年も第1位を取りそうな勢いだ。エサも私と違い、「新べらグルテン」と「わたグル」の軽いエサでウキの上りが早く、食いアタリも早く出ていた。水面にへら鮒の黒い影が見えるので、次に浅ダナ両グルテンをおこなってみると、新べら混じりですぐに釣れ出し、ペース的には浅ダナの方が早いように感じた。ただ人の込み具合によって、例年長竿の底釣りが上位なので注意したい。
釣り場情報