へら鮒天国TOP > 管理釣り場 > 筑波湖 > 釣果情報

2019.11.30

岡野 正基フィールドスタッフ 筑波湖にて

22.4kg(41枚) 筑波湖愛好会例会(ゲスト参加) 第2位

釣行場所 筑波湖   3号桟橋奥寄り
釣行日時 2019年11月30日(土)   6:30〜15:00
天候 晴れ
混雑度 40%(約100人)
釣行理由 筑波湖愛好会例会(ゲスト参加)
釣果 22.4kg(41枚)
成績 第2位
釣り方 21尺底釣り両グルテン
仕掛け 竿21尺 道糸0.8号(へら名人) ハリス上下0.4号(上52cm、下60cm へら名人) ハリ上下5号(ダンゴ) ウキ雅(ボディ14cmパイプトップノーマル)

エサ

「新べらグルテン底」80cc+「新べらグルテン」20cc+「へらグルテンLL」20cc+水130cc

釣り方の注意点 長竿両グルテンの宙釣りから入り10時半過ぎまで通したが、ほとんどアタリを出せないで底釣りに変更した。エサの大きさは人差し指大で軟らかめ。多少のウワズリは気にせず、早いアタリにも手を出していくようにした。
釣り場情報 第1位は中尺のチョーチンセットで約23kg。第3位も同様の釣り方で約21kgであった。すでに8トンの新べらを放流済みであるが、約4トンは600g主体の非常に活性が高いへら鮒である。この魚が底に着いている感じで、安定して釣れている。そのため、宙釣りではアタリの数は少ないが、型は800g〜1kg超の重量級。底釣りは型がやや落ちるが、新べら主体でアタリはコンスタントにもらえる状況である。